【保存版】行ってみたいな☆香港B級スポット!


こんにちは!ガイドブックには載っていない観光ガイド、イオタビ  studio iota labelです。
香港といえばみなさん何を思い浮かべますか?
「100万ドルの夜景」と呼ばれる夜景や、ダブルデッカーバスが走る町並みが有名ですよね。




ぶっちゃけ夜景はガイドブックで人気なスポットへ行くのが間違いなさそうです。
ここではあえて超定番スポット(!?)は載せず、すこし面白そうなスポットを探って行きたいと思います!

☆オクトパスカード

空港に着いたら、まず手に入れたいのが交通カード「八達通(オクトパス)」という、チャージ式のIC乗車券カードです。

購入はエアポートエクスプレス駅の切符売り場です。
列車の切符売り場と記載されているのでドキドキしますが、エアポートエクスプレスに乗る乗らないに関係なく、しっかりとオクトパスが購入できます!
係の人が聞きにきてくれるので、「オクトパス!」でオッケーです。(150HKD)
残金が足りなくなってしまった場合、1回に限り最大HK$35までテポジットから差し引かれるので、乗り越し精算的なものはありません。

ランタオ島 (大嶼山)

香港のランタオ島は、自然に囲まれた美しい街の景観と、信仰の島としての側面である仏教歴史的建築の数々など、見どころがたくさんあります。
そして、アジア随一の『パワースポット』が存在する場所でもあります。


・ゴンピン360


ランタオ島の観光のスタートにおすすめなのが、「ゴンピン360(Ngong Ping 360)」という、アジアで一番長いことで有名なロープウェイです。
全長5.7km、所要時間20~30分(強風時には徐行するため)。
ランタオ島の景色を一望でき、観光客や、トレイルをする人で休日は賑わっています。
天壇大仏やハートスートラなどのパワースポットへ行くのにも、このロープウェイに乗っていきます。
朝は10時から。開始直後ならあまり並ばずに済むかもとのこと!
運賃:185HKD (往復)

・天壇大仏

屋外の大仏としては 2007 年まで世界最大だったという大仏。ロープウェイを降りてから延々と続いていくかのような階段を上ると、大仏に会えます。
大仏は三層の祭壇の上に鎮座しており、この中には大きな鐘が設置されています。これはコンピューター制御で一日に合計 108 回鳴るようにセットされています。
日本の大仏と同様、大仏の中にも入れる。豆腐花が食べれます(有料)
また、大仏を取り囲むように大きな像がたくさんあってカッコいいですね。
香港最大級の禅寺 ポーリン寺(寶蓮寺)というカラフルな寺も大仏のふもとにあるので、こちらも必見です!


・ハートスートラ


アジア随一のパワースポットと有名なハートスートラ。
ハート・スートラには、何世紀も前のハー ト・スートラ(儒教、仏教、道教の信者たちがあがめている世界で最も有名なお経の 1 つ)の一節が彫りこまれた 38 本の木柱(直立したモニュメント)があり、非常に神秘的です。
これらの木柱は、有名な現代学者ジャオ・ ツン・イの書をベースとしたお経の中国版が彫られており、無限大を示す 8 の形に配置されています。風水的に気の集まる場所だと言われ、 風水で8は縁起の良い数字だそうです。

・タイ・オー(大澳)

タイオーは蛋民のふるさと。大きな犬が寝そべり、猫が闊歩し、上半身裸のおじさんたちが麻雀に興じている、オールド香港が残っています。
香港で水上家屋(「棚屋」と呼ばれる)が今も残っているのはここ大澳だけ。
小舟でピンクイルカを 見られるのもここ!(見られるかは運次第)


・北角(ノースポイント)


北角(ノースポイント)は、香港の市民でにぎわう下町の地域です。
トラムが通りかかると、「チリンチリン」と警笛を鳴らしてくれます。
なんとこのトラムは、市場の中を通り抜けていて、その横ではナニゴトもなかったかのようにお店が営業しています。
北角では日常の風景も、私たちにとっては迫力満点!
そして、知る人ぞ知る「食べ歩きの街」でもあります。

・重慶大厦(チョンキンマンション)


香港一有名な「ネイザンロード」に位置する、現代の九龍城とも呼ばれている『重慶大厦(チョンキンマンション)』は、数多くの安宿が密集しているビルとして有名で、世界中のバックパッカーが集まります。
120カ国の人がいるとも言われ、まさに人種のるつぼ!入った瞬間に空気が変わり、緊張感が漂います。(カメラを向けるのは要注意です。
迷路のような建物内部と外観はまさに圧巻です。
また、両替をするときも、ここならレートが良いともっぱらです。

香港やシンガポールは建物を立てる時、風水に基づいて建設をしているらしく、そのためか街全体に活気やパワーがあり、夜も眠りません。

☆食べてみたいな♪香港☆

・食べ歩きおやるのことを、小食(シウセッ)といいます。
買ったらその場で食べるのが地元流。店先や町中の至る所にゴミ箱が設置されているので安心!気になる衛生面ですが、政府による厳しい指導と抜き打ち検査が定期的に行われているそうです。

・カレー味フィッシュボール 咖喱魚蛋。



・エッグタルト

とても気軽に食べられるおやつ。真ん中のクリームの部分はプルプルして、濃厚な玉子味がしてきます。
出典 find-travel.jp

・ロースト

香港のB級グルメの王者!
ローストをぶら下げてディズプレイしているのをよく見かけます。庶民の食卓に並ぶのだそうです。


・鶏蛋仔(ガイダンジャイ)


たまごみたいな見た目のおやつです。外はカリカリしていて、中はモチモチ。甘すぎず、中は半分空洞になっているのでライトな感覚で食べ歩きのおやつにぴったりです!(17HKD)

店名・北角鶏蛋仔

北角駅から徒歩3分くらい。英皇道を横断しすると、鶏蛋仔(ガイダンジャイ)を求める行列が見えてきます。

いかがでしたでしょうか?

みなさまにとって、良い旅となりますように。
Have a nice trip


 ライター ユメイロメイロ


ゆらと前田紗希による、フリーなスタイルで迷子を楽しむための創作ユニットです。
遊び場。 写真、カフェ、旅、音楽。この場所でうまれる出逢いに願いをこめて。
ドキドキしてる?

□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و
どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。