一般的には水上バスで行く三大寺院へ【歩いてみた】バンコクのワット・ポー、ワットアルンへ最寄り駅から歩く方法!


こんばんは、studio iota labelの前田です!

バンコクにある三大寺院といえば、ワット・ポーWat Phoエメラルド寺院(Wat Phra Kaeo、そして暁の寺 ワットアルン(Wat Arun)です!


アクセス方法は、一般的には水上バス。


ワット・ポーならター・ティアンで下船。

ワット・プラケオなら次の船着場ター・チャンで下船。

ワット・アルンへは、ター・ティアンで下船して渡し舟で。


チャオプラヤー・エクスプレス・ボートに乗れば大体の観光スポットに行けます!


BTS、地下鉄の最寄り駅はありません。


BTS、地下鉄の最寄り駅はありません。


BTS、地下鉄の最寄り駅はありません。



暮らしの中にいつも側に駅があった、東京生まれ東京育ちの、
乗り物に弱~い studio iota前田 としては 歩いて行きたい!


ファランポーン駅(中央駅)・・・小声。


あるじゃないですか!!(゚∀゚屮)




徒歩にして40分ほど。ヤワラート通りという、バンコクの中華街を歩くことになります。


中華イイネ (・∀・)


行ってみまぁーーす!!




中央駅を出て、向かい側の橋を渡ります。


チャイナタウン - ヤワラート(China Town Yaowarat)

出典 amurata.com

カオサン通りが開発されるまでは激安宿が有名でもあり、バックパッカーがよく立ち寄る地だったそうです。


フルーツ市がありました。

水も滴る、美味しそうなフルーツが売られています♡
って・・水の状態は大丈夫なのかしら? (;д ...




メガプラザMega Plaza Wang Burapha

チャイナタウンに出来た新たなショッピングセンターです。バンコク経済新聞でも紹介されたそうです。中は廃墟的とか

一旦川沿いの道に行きたいので、ここを左折


インド人街 - パフラット市場(Pahurat Textile Market)



服、アクセサリー、シルク生地、そして香辛料や噛みタバコなどのちょっと変わったものを買う事が出来ます。

王宮と中華街の真ん中くらいの位置!!
(ということは、ここまでで半分!)

ここをしばらく歩いた後、右折



ワットリアップ(Wat Liap)


いきなり明るい(ω・。)
にぎわっている通りに出ました!

たくさんの屋台が、ひしめいています。心がワクワクしてしまいます♪



パブリックパーク(Public Park)

パブリックパークの周辺が一番、交通量が多いので、お気をつけ下さい!


パーククローン花市場(Pak Klong Market)

お花屋さんも買い付けに来る巨大な花市場です。タイ全土からカラフルな花たちが集まって来ます。

24時間営業で、業者さんは夜に来るので夜のほうが賑わっているらしく、灯りに照らされた幻想的な雰囲気が味わえます。



ヨート・ピーマン・リバー・ウォーク (YOD PIMAN RIVER WALK)

パーククローン花市場の一部を取り壊して、川沿いに新しく誕生したショッピングモール!

次から次へとミドコロが出てきて、(゜‐゜*) ホケーッ




今度は野菜を売っている市場です。
すごい量の野菜が袋詰めに!!





ミュージアム オブ サイアム(Museum of Siam)を通り過ぎれば、

もうすぐです!!


そこに、
見えて、
いらっしゃるのは

ワットポー先生!






ワットアルン先生!!修復工事中)




周辺はこんな感じです🎶🎶

出典 blog.nzakr.com


到着しました。

いかがでしたでしょうか?


ちょっと大回りをしたので、最短コースの予想よりオーバーして60分くらいは掛かりました。



よっぽどの物好きでないと歩く事は無い!

と、駅から歩くような詳しいルートガイドがありませんでした。

もちろんガイドブックには載っていないようですが、


楽しいですよ!



最寄り駅からわずか40〜60分あるく間に、こーんなに見所があって!!


果物、野菜、お花、お食事、
中華、インドと、さまざまな市場があり、

それは一歩進めるごとにカラフルな世界が広がっていて、ワクワクさせてくれます。


なお、ファランポーン駅(中央駅)から、タクシーかトゥクトゥクで15分。

タクシーなら60バーツ(約190円)程度、バスなら7バーツ(約20円)らしいです^^;




私個人が体験したことなので、あくまで参考ということでお願いします。


みなさまにとって、良い旅となりますように。
Have a nice trip


■関連記事



 ライター 前田 紗希


 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.

A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


■インタビュー『SEKAI LAB TIMES彼女は何故、どん底から音楽レーベルオーナーになれたのか?〜旅ブログ「イオタビ」誕生から学ぶ、自分の生き方を見つけるヒントとは〜

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。