「街の浄化」の果てのハードチェンジ。イオ子の不思議なB級スポット☆元・売買春街でティータイムを【横浜 黄金町の変貌】



こんばんは。
このところ、めっきりヨコハマの人との交流が多くなった、studio iota labelの前田です。
前田は、限りなく東京に近い地帯のカワサキの人、なのでヨコハマは遠いようで近いから、これは嬉しい。


"横浜の異文化交流"をテーマにした写真団体を10年以上も主催しているフォトグラファーさんと前田はお会いする事になり、横浜駅からほど近い黄金町を、2人で散歩した。とてもエネルギッシュな女性だった。

黄金町駅からすぐの所にある、通称「パフィー通り」の並びにあるカフェ。


このあたりは売買春の地域として知られた地域。

近隣の生活環境の悪化が地域の深刻な問題となっていた。つい2004年くらいの話しだ。
その頃には違法な営業を行う小規模店舗が250店舗にも達し、一日に700~800人の女性が働いていたそうだ。
このカフェもその店舗跡に入居しているので、そのお部屋だった場所でお食事をする。

『大岡川の桜』 出典 ht-kurumi.cocolog-nifty.com


「街の浄化」の果てのゴーストタウン

 2005年1月11日、神奈川県警による「バイバイ作戦」(24時間パトロール)のスタートを皮切りに、近隣住民の浄化活動と神奈川県警の一斉摘発、行政との三位一体で「街の浄化」に取り組み、売春が一掃されたが、その代償として街から人がいなくなってしまい、無人となった店舗がそのままになってしまった。
ゴーストタウン化してしまった黄金町エリアを、アートによる街づくりで再生を図る、らしい。
なかなかハードなチェンジだ。

 studio iota 前田が黄金町の街に出会ったのは、「黄金町レジデンス」という、京急線の高架下にあるスタジオに練習に行く事になった時だった。細長いひとつの建物の中に、隣り合わせでいくつものお部屋が並んでいる。隣同士に鍵は無い。
いわゆるアーティスト長屋、だと思う。


 その中心的存在のひとつであった『試聴室その2』が、この場所での営業終了の危機にさらされている。署名リンクはこちら

古い建物がガツガツと壊されてしまっている。



面白いのは、アーティストレジデンスの、すぐ横の路地を入ると昔の面影がまだ残っている事。



古い建物は、どんどん解体されていき、


無人になったお店のカウンターには猫がいた。


伊勢佐木町商店街。
 「黄金町」「寿町」「不老町」「扇町」「長者町」「住吉町」など、ズイブンおめでたい名称を持った場所ほど、"ヤバい"のだとか。


すごく素敵な古書店が、たくさんある。



80年以上伊勢佐木町とともに歩み続ける「イセビル」。


関内から日本大通りを抜けると、おなじみのヨコハマの光景になる。



☆食べてみたいな♪黄金町☆

タイにあるお店がそのまま横浜にあるような
「J's Store(ジェイズ ストア)」「シャム」などのタイ料理店。

クセの強さは最強レベル。

・ブラジル炭火焼肉「ガウシャ」。

横浜最後の名画座であり唯一の独立系映画館であるシネマ・ジャック&ベティの1階にある、ART LAB OVA 横浜パラダイス会館に時々オープンしている。

こちらで提供してくださるのは、ブラジル人に知り合いがいないと手に入らないというお肉で、本格的なリングイッサ(ブラジルソーセージ)400円。ビーフステーキ1000円、チキン600円。
秘密基地みたいでめちゃくちゃ怪しいが、美味しさは感動もの!!(サブカルな雰囲気が無理な人はとことんダメかも。)

本格的なシュラスコができる人は日本にもそう多くは居ない中で、"肉食べ放題の日"には更に高級な肉を塊で焼くのだ。
本場のカウボーイさんは、ほとんどお肉しか食べないので、マテ茶で全ての栄養を取っているんだそうだ。(「studio iota 前田も美容健康に向けて毎日マテ茶を飲もう!」と密かに誓った。)


焼き手の「ガウじい」こと伊藤さんは、白魔術師なんだそうです。


☆番外☆

神奈川県で唯一のラオスのモン族の男性がいる。

ここ、パラダイス会館でワークショップをやっているご家族の一人に、ラオスのモン族の男性がいらっしゃいます。
元々、山岳民族というのは「文明人じゃない」と迫害を受けており、中国やチベットから移住し、タイやラオス、ミャンマーの国境地帯へ逃れた。
この男性は、ベトナム戦争後に難民となった母親が、乳飲み子の彼を抱えてメコン川を渡り虐殺を逃れ、今、縁あって日本の横浜の黄金町という多文化地域に家族を持ち暮らしている
だから、日本人には考えられないような「普通の人生を歩むこと」が夢なんだそうだ。
↓お店の中の張り紙。

恐るべし、ヨコハマ。


 ライター 前田 紗希 

 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。