【DIY】自宅でドラム練習をたしなむ為の格安防振・防音対策☆自作ドラム台の作りかた。


リズムは世界各国の民族共通言語!


こんばんは、studio iota label前田サキです!
早いものでドラムを始めてからは、20年。

旅に出た先でもすぐにセッション出来ちゃう、とっても楽しい楽器なのです🎵


こちらの動画なんて、スーツケースいい音過ぎますねー!!
イスにもなってるしって事で心揺らいでます。
街を歩いててスーツケースを見かけると「いい音が出そうなやつだ!」って風に、見る目が変わってしまいそうですね!


video



ドラムって、『体が大きい人がやってるよね?』『チカラがないとできないの?』


そんなことはありません!

誰かに気持ちを伝えるために、少しのアイディアを添える。そこに必要なのは、リズム、グルーヴ、歌心。むしろ、チカラは抜いているのです。

なんだかワクワクしてきませんか?



そんなドラマーの悩みは以外と同じような所にあるです。

収納場所

練習場所

ここが結構問題になってきますよね(゚ー゚;A


そこで、低予算、超省スペースで、賃貸でドラム(パッド)練習をたしなむ為の格安防振・防音対策ドラム台を作ってみました
にかく積むのです!




イオタビ番外編・

防音対策☆自作ドラム台の作りかた






1. 今回は、木材、防振ゴム、滑り止め、タイルカーペット、コルクマット(お風呂マット)を用意するため、コーナンに行ったぞ。





2. ラワン合板90×60cm   タイルカーペット50×50cm   防振ゴム 厚さ10mm





3. これから組み立てるぞ。




4. まず滑り止めを敷くぞ。




5. 続いてその上に50cm四方のタイルカーペットを二枚つなげて敷くぞ。





6. タイルカーペットの上に滑り止めを敷き、更にその上に10mmの防振ゴムを四辺に設置。





7. 四辺だけでは真ん中がグラグラするので、防振カーペットを中央に置いて支えてみる。



8. ラワン合板を乗せてみる!この時点で床から2.5cm上がった。




9. コルクマット、6枚で大きさピタリ。お風呂マットを重ねまくっても良いらしい。



10. 大きさこれくらい。



11. 完成!




だいぶ賑わいを見せてきたぞ。





 ライター 前田 紗希

 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.
Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.
She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.




□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。


流れるイオタ【Official Music Documentary Film】夕焼けジャズ /シネマティック
[変拍子JAZZ 5拍子6拍子7拍子]
[旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。