世界は美しいかも知れない【CDリリース情報】


「音楽を辞めてしまおうか」

生まれて初めてそう思い始めたのは、厄年が始まる一ヶ月くらい前からで、それは日々の中でじわじわと影を落とし込んでいった。
すっかり参ってしまっていた。

父と乗っていた車のラジオから、「27歳でネイルの資格を取って31歳で独立した」という女の子のトークが流れてきた。
物心もつかないうちから毎日音楽をやってきてたのに・・・。この子はたった4年で独立したんだ。」
それはわたしの心を、無惨にもバキバキに割って砕いていくようだった。

予定していた海外に旅へ行った。

今までは、音楽のある場所を求めていた。
けれど今回はそんな場所の、どこへも行かなかった。
なんの真新しいものも聴かなかった。

東南アジアを回って、五カ国目のタイで「これではいけない!」と思い立って、国立公園へ行くトレッキングツアーに申し込んだ。
バンに揺られて3時間、ジャングルを見れるらしい

しかし期待していたジャングルトレッキングはほんの1時間程度で、
あとは昼食を作ったり、牛車に乗ったり、象さんに乗ったり。
乗り物ばっかりで嘆きそうだった!(乗り物が苦手なのだ。)

山道を、バンはスピードを出して走っていく。

わたしは、 "乗り物にされた象" になんて、ちっとも乗りたくなかった。
降ろして・・・♨£§※! ←言葉にならない。


しかし、「旅はこころのデトックス」と言ったのは、菅野美穂さんだっけ?
すっかりデトックスされて戻ってこられたようだった^^

2月末に音楽流通会社との契約を無事にすることができた。

つまりstudio iota labelから【CD出せます】という事になる。

自分たちのアルバムのリリース日が決まった。

その時わたしは、たった一人で挨拶に行った事で、珍しくメンバーを叱るということがあった。
『 自分たちの仕事のパートナーをお願いする契約であり、自分で産んだ子をお任せするというための日に、誰も「おねがいします」って挨拶しなくていいのかな? 』

アタマの中がグルグルとしていて、やたらと忙しく動いた。

どこか遠くで、警笛とクラクションが鳴り響く。
わたしが間違ってたの?

クラクション?

そうだ、アジアの音だ、これ。


タイのジャングルに行った帰り道

バンの中で、今回流通契約できた自分たちのアルバムを聴いていた。(というよりチェックしていた。)
くねくねの山道で酔いつぶれて、象乗り場のベンチに横たわり、象には結局乗らなかった。


帰りのバンが、市街地に入ってドンムアン空港へと差し掛かった時、近代的な街が急に姿を現した。

近年著しい発展を遂げたバンコクのビル群はまだ新しいものなのだろうか。
夕日の一瞬の光をうけてキラキラと輝く姿が、信じられないくらい美しく感じた。
このアルバムの為に、メンバーが託してくれた言葉があった。
世界を旅してきたバンドのリーダーである前田紗希が、混沌とした現代社会の中で“それでも世界は美しい”と伝えたい強い意思であり、願いが込められている。そして、ボーカルのいない楽曲は日本語が分からない世界中の人々にも伝えることが出来る強みであり、このアルバムは世界で多くのものを得た前田の感謝と恩返しになるであろう。


感謝と恩返し。

その言葉を繰り返しながら、バンは夕焼けのドンムアンの横を抜けて、あっという間に目的地のシーロムへと到着した。
夜になっていた。

ふと、わたしは周りのお友達や、音楽仲間たちや、家族を、とても愛しているのだと気付く。
みんなのいるこの世界で、今日も生きなくてはならないと思った
美しい世界を見つければ、世界はいつだって、うつくしいのかも知れない。

あの時間が、一番いとおしかった。

流れるイオタは、その音楽に反して決して器用ではない。
器用ではない者同士、情熱がぶつかり合う事は、いい事なんだ。

その感謝を一番に伝えたくてタイからメールを打ったのは、今日 "叱った" あの人たちにだった。
□■□■□■

【4/27(水)】流れるイオタというインストゥルメンタルバンドがCDを出します!
結成から2年の活動を経て作り上げたファーストアルバム 『The world is beautiful』を、studio iota labelより全国リリース。「旅×インストゥルメンタルミュージック」をコンセプトとしており、歌の無い音楽から風景や情景が見えてくる"シネマティックミュージック"を掲げております。
全曲を通して共通する楽曲のテーマとなるのは、 “The world is beautiful”。世界を旅してきたバンドのリーダーである前田紗希が、混沌とした現代社会の中で“それでも世界は美しい”と伝えたい強い意思であり、願いが込められている。そして、ボーカルのいない楽曲は日本語が分からない世界中の人々にも伝えることが出来る強みであり、このアルバムは世界で多くのものを得た前田の感謝と恩返しになるであろう。
全8曲収録 !!
【ご予約受付中!】
studio iota label (http://studio-iota.com/





 ライター 前田 紗希


 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.
Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.
She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.

Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。