絶対に行きたい!【イギリス】の超穴場。絶景のピーク・ディストリクト国立公園でハイキングを。

こんにちは、studio iota labelの前田です。

イギリス観光地の定番といえば、ピーターラビットでお馴染みの湖水地方だと思いますが、

豊かな大自然、可愛らしい村々、歴史ある建築物などなど、

湖水地方に勝るとも劣らない絶景が広がる超穴場があるのです!



マンチェスターから電車で1時間ほどの場所に位置する、

ピーク・ディストリクト国立公園 (Peak District National Park)」です。


本日は、そんなピーク地方へ…電車と歩きオンリーで「google map」だけを頼りに訪れてみたレポートをお送りします。


イギリス最古の国立公園「ピーク・ディストリクト」とは?

ピークディストリクトは、1951年にイギリス初の国立公園となった公園です。

沖縄県と同等の広さを持つ《ダービーシャー州》内に、ピークディストリクトの3分の1あります。(という広さです!!!)

6000年前から人や羊などの動物たちが住んでいた遺跡が残っているそうで、「Peak ピーク」が、〔先がとがった〕山頂、〔山頂がとがった〕山を意味する通り、いくつもの「丘」が連なる美しい公園となっています。


南部は壮大な石灰石と深い峡谷が刻まれているホワイトピーク
北部は、標高のある荒野が広がり、粗削りな砂岩が印象的なダーク・ピーク
風の吹く日には、岩山の上から遠くヘザーの咲き乱れる荒野を望むことができます。



イングランドの典型的風景!


写真を見ていたところ、気になったのがホープバレーという場所✨
ピークディストリクト国立公園の中心の、大きなエリアを占めています。

美しい山々を眺めたい!!
なだらかに広がる丘を歩きたい!!
羊や牛と戯れたい
!!

「ホープバレー」に行くしかなーーーーい!!!! 

しかし、

車が無い。できればバスにも乗りたくない。(閉所恐怖症だから)
日本ではほとんど馴染みがないせいか、ガイドとなる情報が殆どありません。



取り敢えずGoogle Earthしてみるか!(゜∇゜)

おお!これだこれだ!鉄道の駅あるし!



ホープバレーへのアクセスはマンチェスターから。

やってきましたマンチェスター。


マンチェスター鉄道の玄関口、「マンチェスターピカデリー駅」から出発。



ナショナルレイルのチケットを購入します。ナショナルレイルのサイトから事前にネットで予約すれば更にお安くなります☆

列車は「シェフィールド(Sheffield)」行きです。

駅構内がとっても広いので注意です。


「ホープ(hope)」駅で下車。


駅の目の前には牧場が広がっています。


おとなりの「バンフォード(Bamford)」駅までの間が、地図上では「ホープ・バレー」と記されている地帯です。


キャンプ場あったわよ。(最後の御手洗いはココな予感よ。)



駅を背にして、左折し、


「パーソンズ・レーン」という道をのぼって行きます。


フットパスの看板があるので、沿っていけば大丈夫!



あなたと私と♪原風景〜♪

坂道をのぼり切ったら、突き当たりを「ソーンヒル•レーン」に向かって右折。


この辺りから原風景が広がっています!いきますよ?



のどかな田園風景

花は咲き乱れてるし、


家も可愛らしいです。


あ、目が合った(^-^)



緑の丘。


まるで本の中で読んだことのあるような、イギリスの原風景がここに!という感じです。



おつかれさまでした

「ホープ(hope)」駅から「バンフォード(Bamford)」駅まで、
ゆっくりと歩いて2時間くらい歩いて到着です!

マンチェスター・ピカデリー駅までの帰りの列車は1時間に1本あるかないかという感じです。駅からもホープバレーを見渡す事が出来て絶景なうえ、だれもいません。

あなたと私と♪どころか、確実に私だけです。




電車と歩きだけで、気軽に歩くことのできるピークディストリクト国立公園の一角。

絶景が広がる超穴場。
おすすめです。


ビール飲もっ!



終わりに、おひとつマンチェスターで
オススメの観光スポットを(^^)


■ 情報

  • ・名称: ジョン ライランズ図書館
  • ・住所: 50 Deansgate, Manchester M3 3EH
  • 開館時間日・月 12:00-17:00/火~土 10:00-17:00 ※入場無料


 ライター 前田 紗希 

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。

旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。

周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。
ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。
日々つれづれ自由人。


Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.

A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。