【竹芝客船ターミナルで伊豆諸島の食べ物が食べられる!】 夏を先取り!都内で海と島の風を感じる場所。



すこしづつ暑い日が続いてますね。もうすぐそこまで『夏』が来ている感じです。


トーキョー街歩きの案内人、オキツ カズヒロです。

夏と言えば、海!


人にワクワクと癒しと、時として美味しい物をを与えてくれる海。

今回は、そんな気持ちを充分に満喫出来る《東京のオススメ海スポット》を紹介します。


都内で海の風を感じる場所

都内で、海を体感出来る場所と言えば、

「葛西臨海公園」、「若洲海浜公園」、「お台場海浜公園」

が有名でしょうか。都心から近くて、海にも入れて(一部エリアは足まで)、海風がとても気持ち良い、素晴らしい場所です。

それぞれ公園としても文句がない場所です。




ひとつ、足りない物と言えば「グルメ」の要素でしょう。
そこで、海を感じられて、海の物も食せる場所がある「竹芝客船ターミナル」がオススメです!


竹芝客船ターミナル

あまり聞き慣れない場所かも知れません。釣りやダイビングする方には馴染みの場所ですね。
客船ターミナルという事で、勿論船着き場です。伊豆諸島、小笠原への玄関口。正に海の入口です。

ターミナルの中心に大きなマストがあり、それだけでも旅気分、海気分が高まります。



更に展望デッキからはレインボーブリッジが目の前に表れます。




本当に気分がワクワクします。そして、展望デッキから眺める夕暮れから夜景は、疲れた身体、心をゆっくり解きほぐしてくれることでしょう。







そして、忘れちゃいけないのが、海の幸。


舌を満足させてくれるのは、ターミナル内にある伊豆諸島のアンテナショップ「東京愛らんど」です。

「明日葉」や「椿オイル」など伊豆諸島の名産品を眺めているだけで、気分は常夏アイランド。店名のカフェのメニューも勿論、伊豆諸島の特産品。

なかでもオススメは、「ムロアジバーガー」と「島焼酎」




もうたまりません。ムロアジなんて、なかなか都内じゃ巡り合えないですよ。本当は新鮮なムロアジをお刺身で頂きたいところですが、それは実際に八丈島に行った時のお楽しみにします。



カフェで伊豆諸島の味を噛み締めて、海を眺めながら、今年の夏の伊豆諸島への旅の計画。素敵ですね。

もうすぐ、夏がやって来ます。



ライター オキツ カズヒロ


隅田川と神田川の近くで生まれ、3歳の時見た二子玉川兵庫島からの夕日の素晴らしさに生まれて初めての感動を覚える。それ以降、足しげく多摩川に通う等、水を身近に感じながら育つ。水泳、スキューバダイビング、と水に触れる趣味を持ち、大学でも水理学を学び、その後、スイミングインストラクターとしてスポーツクラブに就職。人生の半分を水と共に過ごす。
残り半分は街歩きに従事。地図片手に、東京を歩き回る。スイーツ求めて走り回る。美味しさがしてかけずりまわる。東京の良いとこ、悪いとこ発信していきます。

写真・構成 studio iota label 前田 紗希

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。