「最高の祝福」見れた人は幸運と決断のサイン。ダブルレインボーと三重の虹!

幸運と決断のサイン ダブルレインボー

こんにちは、studio iota label の前田サキ(@nagareruiota)です。


夕方の東の空に、束の間の景色。一瞬の虹が出ていました。



広角レンズを付けて、近所の川まで行こうと思ったらもう消えていました。

それはCM用オーケストラ曲を制作しているときのことで、台風の合間に部屋の窓から外を見ると、二重の虹が見えました。

汗流しながらギリギリまで絞って必死に制作しているところだったので、

やたら胸に刺さる気持ちでした・・・!
世界の大きさに感動すると、毎日こんなにも溢れている小さな幸せに気付くことが出来るのでしょうか?

虹がきれいだからきっと大丈夫!とか(笑)

色々あるけど、きっと大丈夫だ。うまくいく気がするって。

それもそのはず…!



ダブルレインボーの虹言葉(メッセージ)

「今までよく頑張りました。これからあなたは新しいステージへ行くことになります。いいことがあります、大丈夫」

だそうです。

何かを決断する時や迷っていることがあるときには、胸を張って自分の信じたほうに突き進んでくださいね。

という意味のようです。


ハワイでは幸福のサインとして知られており、

ダブルレインボーに、願い事をかけたら叶うと言われています。

ダブルレインボーを見かけたら、ぜひ、お願い事をしてみてくださいね。


そして「最高の祝福」3重の虹 トリプルレインボー


(Thanks 佐藤麻有子)
「幸福のサイン」といわれるダブルレインボーですが、
運が良ければ「3重の虹 トリプルレインボー」を見る事ができます。
こちらは、ミクロネシア連邦に浮かぶジープ島での言い伝えで

見る者にとって「最高の祝福」と言われてきました。

「2重の虹」は幸運のサインとされていますが、さすがに頻繁に目にする事のできない「3重の虹」を見ることもできたら、幸運の現れ♡
これは、ぜひとも見てみたいですね…!

それではまた♪


■関連エッセイ記事
30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの。

 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。日々つれづれ自由人。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


■インタビュー『SEKAI LAB TIMES
彼女は何故、どん底から音楽レーベルオーナーになれたのか?〜旅ブログ「イオタビ」誕生から学ぶ、自分の生き方を見つけるヒントとは〜


■インタビュー『灯台もと暮らし

【かぐや姫の胸の内】遠回りが正解になる人生だってある。歌のない音楽「インストゥルメンタル」の魅力をもっと広げたい|studio iota label代表・前田 紗希



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。