【北京首都国際空港で空港泊は可能か!?】野宿ベストスポットご紹介!

こんにちは、studio iota labalのビビリな冒険家・前田サキ(@nagareruiota)です。


アメリカで本場のゴスペルドラムを演奏するんだ!

って、思い立ったが吉日。

studio iota 前田はその日のうちにニューヨーク行きの格安チケットを予約してしまいました💖
ただし…その…条件とは…経由地である中国で一泊の乗り継ぎをすること\(^o^)/
こんな時、どうしますか? あなたなら。
「危なくないの?」「ベルトコンベアで寝る人って実際に存在するの?」
おもむろですが、女性一人で北京首都国際空港で空港泊(野宿)は可能か!?という体験レポートです。
いきましょう。

さぁ、冒険の始まりだ!!



北京空港に到着は22:00。
翌朝ニューヨークへの出発は8:30。

① 空港内で宿泊出来る施設を探す🏨
② 思い切って市内まで出てみる🚌
③ 中国らしくベルトコンベアで寝てみる🇨🇳


④ 宿泊施設を取らずに夜明けを待ってみる🎯 ←コレに決定しました


「北京空港 野宿」で検索!

北京空港に到着したのは3時間遅れ。あまりに長い歩く歩道に目がクラっとします。




飛行機を降りたら、まずは出国ゲートの隣にある「24時間以内の国際線の乗り継ぎ」というカウンターを通過し、階段を降ります👟



コレは…思ったより、静かでずーっとキレイそうです!
わくわくしますね!





寝場所探しの旅がはじまりです!

ゲートを出て、向かって右手側(10番台のゲート側)に、24時間営業のスタバを発見しました☕️
これが結構、移動の際の目印となります。



その裏にはリクライニングシートがあります。

さすが24時間空港ですね!!

夜景もバッチリ🌃



「AIRPORT FREE WiFi」があります。



E10ゲートの前に有料ラウンジがあります。ビジネスクラス以上をご利用の際に使う事が出来るようです。



こんなイスも。柔らかそうです。カーブしているけれど。




野宿をする人は、実は多い。

トランプなどをして夜を明かしている方もいましたが、
全体的にみんな横になって体を休めていらっしゃるので、とーっても静かです。





おススメはE20とE21ゲートの間のリクライニングシート!😴

ゲートを出て、向かって左手側(20番台のゲート側に)のエリアが、
広々と、美しく、静かなゾーンと思いました。✨




ベスポジそうなリクライニングシートを発見しました!

1席1席仕切り板が付いているので、もう隣の方が気になることもありません!

こちらも夜景バッチリです!



シートの足下には電源という、出来すぎたサービスっぷり。





北京空港内は、充電スポットが充実しています
各国のコンセント型に対応しているうえ、USBも用意されています。
すごい!!



おすすめのE20とE21ゲートの間のリクライニングシートの近くにはWiFi。
PW自動発行機で画面を見ながらパスワードを取得できたら、Airport-Free-Wifiにアクセスして、パスワードを入力してログインすれば5時間無料でWifiを使用することができます。




リクライニングシートに寝てみる

おや?
リクライニングシートのような快適そうなアイテムは、人気で取り合いなのかと思いきや、意外と空いているようですね。

おやおや?
リクライニングシートのような快適そうなアイテム様にイザ寝てみると、

微妙な傾斜がついているせいで



腰が痛い



はい👋

 3列ブチ抜きのベンチが断然おすすめです!!(個人的に)

みささまベンチに横になって寝ているのですが、
そうしている意味が分かりました。



映画「ターミナル」を思い出しながら、 「このまま目的地に到着せずに、宙ぶらりんでいたほうが、ラクだなぁ…」なんて考えながら居ると、眠りに落ちてしまいました。

空調がソヨソヨ効いていて、超快適なのです。
気持ちよすぎて、飛行機に乗り遅れないように…!


【有料宿泊施設】もありました。





免税店は開いてます。マカダミアナッツのチョコとか今は要らないから、水が欲しいですね。



朝が来ました。




 気管支がイタイ!!?




「なにここ、北京だから?」 と狼狽していると、 冷房が効いている。 消しといてくれればいいのに。

スモッグのせいでは無さそうです^^

 マスクは必須!


ベルトコンベアで寝る人は実際には、お見かけする事が出来ませんでした。



[快適な空港泊のために用意したもの]
 マクラ、上着。
 ※念のためお財布と携帯は鞄の内部にウォレットチェーンで繋ぎました。


元気にニューヨークまで飛び立ちまーす!!


 ライター 前田 紗希


作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。
ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。
日々つれづれ自由人。


Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


■インタビュー『SEKAI LAB TIMES彼女は何故、どん底から音楽レーベルオーナーになれたのか?〜旅ブログ「イオタビ」誕生から学ぶ、自分の生き方を見つけるヒントとは〜



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。