【0 泊 3 日で東京へ出発】愛媛県民が有給を使わずに週末東京で遊びにいく方法



0 泊 3 日で東京へ出発

金曜日。

仕事を終えて夜行バスに乗るだけ。 早朝には東京。

17:00 終わりがベスト!18:00 終わりでもいける!19:00 終わりの仕事は若干時間的に余裕は無くなる。


自分は土曜日も仕事だった為、 
土曜日の夜に乗り、
月曜日の朝に帰って来て、そのまま仕事に行くというパターン。

・荷物はちょいとショッピングにお出かけレベルの最小限で OKなんせ泊まらないからw



夜行バスの消灯時間は早い


22 時頃には電気が真っ暗。


読書灯なるものがあるけど、周りへの配慮から、30 分くらいが限度かと。

毛布を頭まですっぽり被り、スマホなどをしている人もいる。光が漏れると眩しいからね。

自分は ipod でひたすら音楽を聴いて過ごす。自分にとって旅に音楽は必須。


・・・はっきり言って眠れない。 (眠れたらラッキーくらいの気持ちで、、


リクライニングできるけど、これも後ろの方への配慮が必要。
時々物凄く倒している人を見かけるけど、後ろの人、身動きとれないから!

首や腰はかなり痛くなるので、自分なりの快眠グッズがあれば便利。
首あて?とかアイマスクとか。

あとは、ひたすら時間が過ぎるのを待ちましょう



東京到着!

6:00 頃に都内のバスターミナルへ。(バス会社により到着時刻に多少ズレあり)


到着してすぐトイレでまずメイク。

途中、早朝にサービスエリアで休憩があり、余裕があればそこで顔を洗ったり、歯磨きしている人もいる。

みんな考える事は同じだから、朝のトイレは大混雑、めげずに隙間を見つけてメイクする ww


さて、メイクが完了したら、そのまま街へ!

と行きたいところだが、東京の朝はゆったり。

お店が開くまで数時間、 コンビニで御飯を調達して、バスターミナルのベンチに腰掛け朝ごはん。


9:00 になるとバスターミナル内のレストラン等でモーニングが始まるけど、
時間的に中途半端なのと、節約旅行の為利用せず、
はとバスツアーの大衆に紛れ、朝ごはん ww

しばらくすると外国人ツアー客がわんさか。それにも紛れひたすらベンチ。


ipod があれば平気。たまに本も読む。
早朝から時間あり過ぎ!な人はネットカフェなどという手も!




さて、後は行きたいところへひたすら行くのみ。

なんせ 1 日だけなので、ここはリサーチが重要。

迷っている時間はない。

四国まで帰る、夜の夜行バスの時間が 20 時過ぎだから、それまで目一杯遊ぶ。 

因みに私は東京へ行くと昼食は摂らない。時間が勿体無いので ww




1 日歩き続けてヘトヘト状態で再びバスターミナルへ。

夜ごはんは時間に余裕があればコンビニで買って(またww)バスの時間まで食べる。 余裕がなければ夜も摂らない。

ヘトヘトでバスに乗るので、帰りは乗ってしばらくするとウトウト、

高速を走るまでの 分、10 分くらい窓から見える東京の風景がとても好き。


交差点で信号待ちしてる人。待ち合わせた人と再会した瞬間。仕事帰り風の人。
そんな景色に合う音楽を ipod で探して、ピッタリハマる瞬間てのが最高。
自分はここから日常へ帰るのだ、とちょっぴり寂しくなる時

ぼんやり考えていると高速に入っちゃって、景色見えないなぁ、なんて思っているうちに、
いつの間にか眠っている。



さて、楽しい時間もいよいよ終わり、、、

早朝、愛媛のバス乗り場が見えた瞬間、 気持ちは既に切り替わっている。

そう、仕事だから!


5:40 頃到着してから急いで家に帰って、
準備してそのまま仕事へ。

さぁ、働きましょう。
がむしゃらに。

次の旅のためにね。 





 ライター ONIKIE



日々直感で生きている
(それは偶然ではない)
そして割と努力家



□■□■□■□■□■

流れるイオタ×ONIKIE
CM【The world is beautiful】40秒アルバム フルオーケストラ篇


studio iota label
CDの制作・販売、旅のWEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、 動画BGM製作、アーティストや お店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業を行っている。

【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【note】https://note.mu/nagareruiota
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。