【浅草B級グルメ】嘘が育てた観光スポット ~裏にこそリアルがある~


俺は東京生まれ〜♪下町育ち〜♪(※以下略)

・・・えっと歳バレますね。
こんにちは、浅草雷門から自転車で10分の下町生まれ。

下町の貴公子こと、オキツカズヒロが下町をまったりご案内致します。


突然ですが、貴方は嘘をついた事、有りますか?
多分、皆さんyesですよね。大なり小なり。そして、嘘ついた時は、後ろめたい気持ちになるものですよね。
今日は、そんな後ろめたさで発展した観光スポットのお話です



東京の中で今も昔も多くの人が集まる街、浅草。

その中のメインの観光スポットと言えば、浅草寺と仲見世ではないでしょうか。正に浅草のランドマークですね。
実はこのランドマークも、当時の人の後ろめたさで、発展してきました

日本最古の商店街と言われる仲見世の開業は、一説によれば、1688年と言われております。開業当初より浅草寺の参拝客に向けた商売で賑わっておりました。
ただ、それ以上に地元の方の利用が多かったと言われてます

丁度時は元禄。江戸の街は安定時期に入り急速に街として発展していき、買い物が庶民の娯楽として定着して来ました。


買い物が娯楽として定着しても、女性が頻繁に出かける事は憚れる時代です。でもやっぱり、いつの時代も女性は買い物が好き。
そこで嘘が産まれました。『今日は浅草寺さんにお参りに行ってくる』という嘘が。

これは旦那さんへ嘘。

そして後ろめたい自分への言い訳として。これが江戸の女性の合言葉になり、浅草が地元の人にも賑わう街となる、きっかけとなったのです。
そして、女性が多く集まった浅草は、江戸の街の情報発信地に発展していきました。

嘘が街を発展させる

人が集う場所には、そこに様々な理由が有り、歴史がある。そんな視点で街歩き、観光してみては如何。きっと見馴れた街も新しい発見があるかも知れません。



裏にこそ、リアルがある。

浅草のメインストリームのお話をしましたが、今度は裏のお話。所謂、B級の浅草。今の浅草のリアルをお届けします。

仲見世・浅草寺の西側エリア周辺をお散歩してみましょう。


まずは「オレンジ通り」



仲見世の2、3ブロック西側に仲見世と平行して通る商店街。ちょっと離れただけで、一気に観光客も減ります。

この通りのオススメは、昭和21年、戦後間もない時期にオープンした洋菓子と喫茶のお店「アンヂェラス」。川端康成や太宰治、手塚治虫も通ったと言われる名店です。また水だしダッチコーヒー発祥のお店でもあります。


住所 
東京都台東区浅草1-17-6
電話番号 
03-3841-2208
営業時間 
11:00〜21:00
定休日 月曜日


『洋食ぱいち』

さてさて、甘いものはノーサンクス。肉は無いのか、肉は!って人にオススメなのは、絶品ビーフシチュー!

こちらも、戦前の創業。
洋食屋と謳ってるにも関わらず、ビーフシチューの味付けは和風!ここでしか食べられない味。多分醤油で味を調えている感じ。
是非和風なビーフシチューお試し下さい。


住所 
東京都台東区浅草1-15-1
電話番号 
03-3844-1363
営業時間 平日 
11:30〜14:30 
16:30〜21:00 土日祝 
11:30〜15:00 
16:30〜21:00
定休日 木曜日



『天麩羅 天健』

甘いものも、肉も苦手~。海老食べたい!海老。って方、お待たせ致しました!真打ち、天ぷらの出番です。

浅草には、本当数え切れない天ぷら屋さんが存在します。ただ、TVや雑誌で紹介されているお店は、客数捌かなければならないので、どこも作りおきが多いのが現実です。
やっぱり天ぷらは揚げたてが一番ですよ。

そんな時は、絶対外せないお店。

オレンジ通りの突き当たりの、伝法院通りを左折した先にあるのが、天健(てんたけ)さん。
オススメは、かき揚げ定食!かき揚げ丼の方が人気あるそうですが、大根おろしでさっぱりと、暑い夏もオススメです。



住所 
東京都台東区浅草2-4-1
電話番号 
03-3841-5519
営業時間 平日 
 
10:30〜18:30 土日祝 
11:00〜18:30
定休日 月曜日




下町の象徴、ホッピー通り

さてさて、天ぷらの天健は、ホッピー通りの入口だったりします。


ようやく到着しました。ホッピー通りです。

あのホッピーです。ノンアルコールビールを焼酎で割るホッピーです。

その昔、ビールが高級品だった時の代用品。

下町の象徴とも言える、ホッピーを取り扱っている赤提灯系お店が100メートル両サイドに展開されている、飲み屋街です。




正にディープな浅草です。ホッピーは苦手という方もご安心ください。ちゃんとビールも取り扱ってます。


またこの通りは別名、煮込み通りと呼ばれており、多くのお店もモツ煮込みが有ります。




通りは、古き良き下町のノスタルジックの雰囲気があり、最近では、欧米系の観光客に人気のエリアでもあります。




さて、ここまで来れば、ゴール地点の花やしきはもう目と鼻の先。




昭和感満載の裏浅草。東京最古の遊園地、花やしきで、童心に帰ってみるのはいかがでしょうか。





□■□■□■□■□■

ライター オキツ カズヒロ


隅田川と神田川の近くで生まれ、3歳の時見た二子玉川兵庫島からの夕日の素晴らしさに生まれて初めての感動を覚える。それ以降、足しげく多摩川に通う等、水を身近に感じながら育つ。水泳、スキューバダイビング、と水に触れる趣味を持ち、大学でも水理学を学び、その後、スイミングインストラクターとしてスポーツクラブに就職。人生の半分を水と共に過ごす。
残り半分は街歩きに従事。地図片手に、東京を歩き回る。スイーツ求めて走り回る。美味しさがしてかけずりまわる。東京の良いとこ、悪いとこ発信していきます。


写真・構成 studio iota label 前田紗希
□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。