【旅の語源】旅するあなたへの小話



こんにちは、トーキョー街歩きの案内人、オキツ カズヒロです。

本日は残暑の中の箸休め。

旅するあなたへの小話は如何でございましょうか?

旅の語源。

そもそも旅という事は、何を表しているのか。それは諸説あるようです。

①『食べ』説

柳田國雄の提言。
地の物を食べて回る行いから、『食べる』がなまって旅になった説。

②『辿る』説

平安時代の歌人西行に憧れた松尾芭蕉が、西行が訪れた場所を辿った奥の細道が由来。『辿る』がなまって旅になった説。
この2説が有力とされているそうです。

旅先や先人達の想いに触れる事が、本当の『旅』なのかも知れませんね。




『旅』を表す英語に、『travel』と『tour』があると思います。
では、このtravelとtourの違いについては、ご存知でしょうか?

実は似て非なるものなのです。
まずはtravel
こちらは中世代に由来します。

 元々travelは、中世、罪人が遠隔地の教会を巡礼して回る、贖罪の行動を指していました。それはそれは、辛い旅で、様々な困難、トラブルがあったと言われます。
そうtroubleの語源もtravelなのです。
 またtrouble続きで病になる人も多かったようで、遠隔地に向かう間の各地に病院、ホスピタルが作られました。そしてこのhospitalが時代と共に形を変えて、hotelになったと言われております。
同様の事が、古くから日本でも行われてました。贖罪としての『お伊勢回り』です。ミソギとして、伊勢神宮を回る。ここに日本人の魂、原風景があるように感じます。
ちなみに、余談ですが、江戸時代、お伊勢回りをしっかりと行うようサポートしていた方々が居たそうです。これが日本におけるツアーコンダクターの走りと言われています。


さて、次はtourについて
こちらはtravelと異なり、教育的な側面が強いと言われております。
英国ヴィクトリア時代、その時代の文化の先進国はルネサンスにより栄えた、イタリアやフランスであり、イギリスは文化的に遅れていました。そこでヴィクトリア女王は、貴族の子弟をイタリアやフランスの各地を回って、高い英知を身に付けさせる留学を国策として取り組んだのです。各地をくるくる回る行動が、爪先でくるくる回るバレエの様だと表現されたことから、爪先を意味すりtoeがなまりtourになったと言われています。

travelとtour。
贖罪と留学。

どちらも、旅する人にとって、様々な物を得る事が出来る貴重な経験なのではないでしょうか。
現代においても然り。

旅は生きていく為に必要なものなんじゃないかな?


と、思うのです。
□■□■□■□■□■
ライター オキツ カズヒロ


隅田川と神田川の近くで生まれ、3歳の時見た二子玉川兵庫島からの夕日の素晴らしさに生まれて初めての感動を覚える。それ以降、足しげく多摩川に通う等、水を身近に感じながら育つ。水泳、スキューバダイビング、と水に触れる趣味を持ち、大学でも水理学を学び、その後、スイミングインストラクターとしてスポーツクラブに就職。人生の半分を水と共に過ごす。
残り半分は街歩きに従事。地図片手に、東京を歩き回る。スイーツ求めて走り回る。美味しさがしてかけずりまわる。東京の良いとこ、悪いとこ発信していきます。

□■□■□■□■□■
【studio iota label】
流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。
【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。