【流木家具の煮沸消毒】気分はキャンプファイヤー!?深夜の河原で繰り広げられる"ゆるアウトドアライフ"


本来の目的は、新商品開発のための流木の煮沸処理!!
がしかし、河原で煮出すだけでは終わらないのがTokyo Benzaiten!!
ソーセージを焼いたり、コーヒーを入れたり、気分はキャンプファイヤー!?深夜の河原で繰り広げられる"ゆるアウトドアライフ"。


 
最近は暖かくなってきて、夜のお散歩も
気持ちいいですね。


そんな春の日の、夜の始まり頃の時間。


一人は大量の炭が入ったバックパックを、一人はたくさんの木の入った麻袋を、一人はタライを担いで歩いている。

先頭と最後を歩く2人のヘッドライトが足元を照らす中、暗闇に足を取られないように、土手を下っていく。


え、なに、この状況…!?

完全に不審者感しかない。


ねぇ、なに、この状況!?



こんにちは、フラワージュエリー作家のAromariage なおみです。

前回の失敗で、「今度こそ煮沸を成功させねば!」
と焦った私たちは、


河原に石組んで炭で火を起こし、直火でタライに火を掛ける。

という作戦に挑戦することにしたのでした。


実に3度目の正直

今日こそは絶対に成功しなければ。





河原での単独火起こしをした事が無い女性二人の私たちの、企画とサポートをお手伝いをしてくれたアウトドア師匠が、
手際よく石を組み、炭で火を起こしていく。

旅の音楽家とアクセサリー作家は煮沸前に流木を磨く下準備をする。


BGMの元ちとせと煙がしみる…
でも手は止めない。


次々と流木を磨き、師匠は火に薪をくべている。

時々薪にする小枝を拾ったりしながら、それぞれの作業を進める。





そう、今回こそは絶対に成功しなければ。

新商品のリリース日は決まっているし、二回の失敗は大きな遅れだ。



お湯が沸いた


焦る気持ちとは裏腹に、思いの外早く師匠から声がかかった

沸いたよ

作業開始から1時間ほどした頃だろうか?


あ!沸いてるー!!!




歓喜の3人。

ヘッドライトが揺れる。もはや湯が湧いただけで小躍りだ。
磨き作業を終えたほぼ全ての流木が、直径60cmのタライに収まった。
あ、ドラム缶じゃなくてもいけたんだね。あはは。


さて、ここからはグツグツ煮出すだけ。



持ってきた食材をおもむろに取り出す旅の音楽家

やたらとアウトドア慣れしているミュージシャンと一緒にいると、時々ここは何処なんだろうと思う時がある。



窯をちょっと延長して網を乗せ、

用意していたウナギの蒲焼き、ソーセージなどを焼いて、なんならウイスキーとか飲んじゃって、完全にキャンプを楽しんでいる。

小さなバーナーでお湯を沸かして飲むコーヒーも最高だった。





ティファールじゃなくてもお湯は沸く。


そして河原で肉を焼き酒を飲む、という原始的なパーティが、とっても幸せな気持ちにさせてくれるということ。


そんなことをしみじみと感じながら、 


深夜の河原を後にしたのでした。





□ライター Aromariage フラワージュエリー作家



本物の植物を加工したリアルフラワージュエリーの制作をしています。誰かの宝物の一つに選ばれるような作品を送り出せたらいいな、と思っています。
旅、自然、ファッション、クラフトビールに心躍ります!!



□■□■□■□■□■

【studio iota label】

日本の音楽レーベル

studio iota labelでは、新しいブランドの準備を始めました! 

アクセサリーデザイナーと旅の音楽家という女性2人によるインテリアブランド「TOKYO BENZAITEN by studio iota label」と申します。

noteにて、お花、旅、音楽、の日々つれづれコラムを綴っております。


どうぞよろしくお願い致します!
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。