【トーキョー街歩き】夢だけで作った世界一小さなバス会社『銀河鉄道』。




こんにちは、街歩きの案内人、オキツ カズヒロです。 

本日は東村山にやってきました。




武蔵野うどん!黒焼きそば(イカスミ)!!

このあたりのご当地グルメは外せなさそうです。


多摩湖湖畔で焼きそばビールなんて良さそうですね!





地域にフォーカスして送迎サービスしてるバスを見つけました。

よし、バスに乗ってみましょう。


皆さんは『銀河鉄道』と聞いて、何を思い浮かべますか?

| アニメの「銀河鉄道999」?

| 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」??

| 岩手県のクラフトビール???(そ、それは銀河高原ビールですよ、銀河高原!)



ちなみに私は、

ラーメンズのコント「銀河鉄道の夜のような夜」だったりしますが、これはまた別の機会でお話したい!(そんな機会頂けるのか?w)


戻ります。





旅になくてはならない、乗り物のお話しです。



今日の『銀河鉄道』はバスのお話。


と言っても鉄道会社が運営しているバスではありません。


はっ?何を言ってんだって感じですよね。



鉄道なのにバスなんです。


東京の東村山市や小平市を走るコミュニティバスを運営する、民間企業なのです。





この会社の成り立ちが、実に面白いのです。




それを知る為に、会社のキャッチコピーを紹介します。



『夢だけで作った世界一小さなバス会社』。


もうそれだけで、ドキドキロマンを感じてしまいます。



それでも、全くの無名小企業。




東村山の地元じゃ、昔から西武バスが市民の足となっている。




認知度じゃどうしても勝つことが出来ません。


地元への愛着と、バス馬鹿一直線。





歳の頃からバスが大好きな『バス馬鹿一直線の』社長。

優れているのは、地元への愛着とバスに掛ける情熱のみ

「バスに関わりながら、地元の為になりたい。」

その夢だけで突き進んでいくのです。

まさに気持ち。



まずは、地元関係者の個人的な付き合いからの送迎からはじめ、そして今じゃメジャーになったコミュニティバス事業を展開へ。

地元を知り尽くしているからこその、バス運航ルートを提案。


提案先は、何と西武バス。



交渉を重ねて、西武バスとの共同運行を勝ち取ります


これだけ聞いても凄い行動力ですね。



「銀河鉄道」という社名。


そもそもこれは、「銀河鉄道999」のように、先の見えない真っ暗の空の中でも突き進む会社でありたいという願いを込めて。正にあまり事例のない民間バス事業という空を、自ら切り開いていく会社そのもの。

今後は、観光事業にも乗り出していくのだとか。



夢に向かっていく、素晴らしい会社のお話。




もしかしたら、旅先で出会った交通機関、その一つ一つに大きな夢があるかも。


それをちょっとでも考えてみるのも、旅の醍醐味かも知れませんね。



私個人が街歩きをしながら体験したことなので、あくまで参考ということでお願いします。



□■□■□■□■□■
ライター オキツ カズヒロ


隅田川と神田川の近くで生まれ、3歳の時見た二子玉川兵庫島からの夕日の素晴らしさに生まれて初めての感動を覚える。それ以降、足しげく多摩川に通う等、水を身近に感じながら育つ。水泳、スキューバダイビング、と水に触れる趣味を持ち、大学でも水理学を学び、その後、スイミングインストラクターとしてスポーツクラブに就職。人生の半分を水と共に過ごす。
残り半分は街歩きに従事。地図片手に、東京を歩き回る。スイーツ求めて走り回る。美味しさがしてかけずりまわる。東京の良いとこ、悪いとこ発信していきます。
□■□■□■□■□■

【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。