【リンナンマキ】福祉大国フィンランドの優しい・子どものための無料遊園地!

ヘルシンキは一国の首都でありながら、遊園地がひとつしかありません。 
その、子供たちにとって"夢の場所"が、こちらのリンナンマキ遊園地(Linnanmäki)です!




1950年設立。ヘルシンキ中心部からトラムで20分程度で行くことができます。
入園料は無料。園内には公園に遊びに行く感覚で気軽に出入りできるのです。



冬には-20度の日が最低2週間はあるという寒冷な地理条件から、開園が 5 月から10 月下旬までと、ほとんど夏季限定になってしまうものの、短い夏を楽しむため、子ども達がここに行けるということはもう『人生最大の喜び』と言っても過言ではないそうです。 



この日は、スオメンリンナ島にアクセスしてから、ショッピングモールに寄って、そのあと宿に休憩してからやっとリンナンマキへ訪れた・・・という時間帯だったのですが、
夜になっても、この明るさというのは、やっぱり北欧ならではという気がします!




歴史ある木造コースターから、こりゃエグイと思う怖いもの知らずな最新の絶叫マシーンまでなんでもござれ。
佇まいがなんとなく、としまえんを感じさせます。




そして、こういうものも園内にたくさんありました(笑)





定番のフードは、巨大なわたあめ(hattara)と、



フレーバーのバリエーションが豊富な長いひも状のチューイングキャンディ(metrilaku)です。




この遊園地はもともと、冬戦争/継続戦争/ラップランド戦争(大きく言えば第二次世界大戦)の後にフィンランド国内に大量に溢れ出た可哀想な戦争孤児達を慰めるために設立された、夢と希望を与える遊園地だったのです。



6つの児童福祉団体から成る「子どもの日財団」が運営しており、極寒の地フィンランドでは施設の維持費やリニューアルに多くの費用がかかってしまうものの、その残りのほぼ全てに当たる収益金の約15%が、フィンランド国内の、家庭内暴力や離婚家庭、病気や事故など、さまざまに過酷な境遇に対処している児童福祉団体への寄付金として投じられているそうです。



さすが、福祉大国ですね!






ヘルシンキ中央駅のプラットフォームから見ることができる観覧車が目印です♡



アクセス

アクセス:トラム8「Linnanmäki」下車すぐ
住所:Tivolikuja 1, Helsinki
TEL:+358 10 5722 200
営業期間:5~10月
入場料:入場無料、アトラクションのシングルチケット有料




 ライター 前田 紗希


 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。



Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.

A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.
□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げた日本のインディーズレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。