イオ子の不思議な旅日記☆【とりっぷto上海】初めて訪れた中国で目に映る新鮮な光景。(租界、外灘、豫園商城、七宝、田子坊、天山茶城)



12時、上海虹橋空港に到着。

八角と油が混ざったような濃い香りとともに、太陽の熱ががジワジワと押し寄せてくる。

ここは中国なのだ。



飛行機の中で、西安~ウルムチまでシルクロードの列車旅を見ていた。

空港からホテルまで送迎の車があったのだが、実に「家族連れ46人を待ってから出発」との事で、自分たちで地下鉄に乗って行く事にした。


「地鉄三日票」45元(580円)を窓口で買わなくちゃ。


わたしstudio iota labelのビビリな冒険家・前田サキ(@nagareruiota)とともに今回上海を訪れたのは、ニューヨーク帰りで英語が堪能なヴァイオリン弾きのアヤちゃん。

「3days pass」

と伝えるが、

中国は英語が殆ど通じないのであった。



宿泊先であるインターコンチネンタル浦東へは地下鉄で45分ほど。

駅からズイブン迷子になってしまって困った。

ジワリジワリと汗が流れてくる。

向こうからスクーターがやってきて、そこには家族3人がギッシリと乗って走ってきたものだから、
驚いて、思わず。


とても近代的な街並で、コンビニ(セブンイレブンやファミリーマート!)や外食産業、ショッピングモールが立ち並ぶ。


反面、路上での物売りが多い。


荷物を置いたあと、この日はまず、フランス租界へ

映画のセットみたいなオシャレなアパートや、街並に溶け込むカフェなどが立ち並び、ガイドブックによると「ヨーロッパの路地裏に迷い込んだような気分になれる」との事だった。


デパートや高級ホテル・オークラが並ぶのに、

ブティックの店員は居眠りをしていたし、

若者向けの安売りの店が立ち並んでワゴンセールをする横には、

とても立ち入れないような集合住宅が建ち並んでいた。


なんとも徹底していない



そして外灘へと移動

いきなり現れた夜景!

そこから吐き出される人の数の多さに、光の中でしばらく立ち止まってしまう。


食事は地元の食堂で、100円だか200円だかだった。


アヤシイ魅力のレトロ上海「豫園商城」


華やかな表通りの1本横に現れるのは、真っ暗な路地。

建物は近代的なのに、ハダカの男達が道端での賭け事をする。

物売り、詐欺師、露店に、ゴミあさり。

クラクションは鳴らす為のもの。バイクは歩道も通る。人民の渦。食うか喰われるか。
とてもアジアっぽさを色濃く残す。



もしかしたら、昔の日本もこうだったのかも知れない。

まだ高度成長する前の、パワーや可能性を大いに秘めている。。。

しかしながら中国。

上海はダウンタウンを隠すように大きなビルを通りに面したところに建てているようにも思う。

なので表は華やか、ほんのちょっと裏に入ると雰囲気がガラリと変わる。


このあたり、計画的に建造物やその計画をコントロールできる社会主義国家ならでは、なのかも知れない。



1番の目的だったJazz Clubを大満喫。


  • Brown Sugar
  • Building 15, 181 Taicang Rd. | 太仓路181弄新天地北里15号楼 (North Block, Xintiandi | 新天地北里) 上海 Shanghai 中国




朝からビービーとクラクションが鳴り響いている。


クーラーの効いたホテルでとびきりゴーカな朝食ビュッフェを食べた後、

外に出ると、気温は35度。

ギャップだらけにドロップキックを食らった様だった。

観光地の入り口でもこの通り。


地下鉄の乗り場は、どこも空港のような手荷物検査場がある。荷物を置いてX線。
どこの駅にもだ。ラッシュ時はどうするのだろう?




水郷(明清時代の面影を残す)のひとつ、「七宝」へ

この日は地下鉄で40分くらいで行く事が出来る水郷のひとつ、「七宝」へ。



小さな古鎮だが、古鎮らしいたたずまいが保存されていて雰囲気が良く、上海人に一番人気の食べ歩き天国である。


運河沿いにはレストランや商店が建ち並び、メインストリートの南大街には、お土産、食べ物店がところ狭しと並び、人であふれかえっている。


竹下通りみたいなところで、タピオカミルクティーを飲む。5元(60円)。



七宝古鎮のメインストリート、南大街から一本路地に入ると、そこは別世界。

ローカルな通りで、古鎮の生活が垣間見えるゾーンだった。





リアル・廃墟ディスカバリー。若い子は一人も居ない。

静かな時が流れている。1本の道を入るだけでのそのギャップに、ゾクッときた。




パジャマはローカルスタイルらしい!


日差しが強いのでひさしの下に座っていると、老若男女がバランスよく揃っているという感じであった。


おすすめの「泰康路(田子坊)の迷路を歩く。

上海によく出張に行っているという方に、

「泰康路(田子坊)がおススメ!」と伺った。


ガイドブックに載っているのは小さい扱いだったので、事前情報もあまり無いまま、行ってみる事にする。



一言で言うと「何でもあり」のオシャレ市場である!

迷路のように入り組んだ路地は、お店でぎっしり。

アート系のお店、お土産や、雑貨屋、カフェ、最先端なモノからスーパーローカルなモノ。
でも、ちょっと歩くと、周りには生活感を感じさせるアジアっぽさも満載なのである。



『田子坊では、いつもどこかで工事が行われ、毎日のように新しいお店が開き、日々変化を遂げているので、今日作成した地図は明日にはもう使えないかもしれません……。』


「値段」は、あるようで、無いものだと感じた。

それは例えば、街の食堂。

集合住宅の合間に、地元の人が利用するような食事どころが、山ほど見つかる。

注文を取りにくるのは店の子供だ。カタコトの英語を使ってくれるのも、彼らの役目。

彼らはとても逞しい。

 私達にお店のシステムを何か伝えようとするんだけど、自分の英語の語彙が少ない事に、アタマを掻きむしって苦笑いする女の子。

「大丈夫、ちゃんと伝わってるから。私だって英語しゃべれないし」と思う。 
理解すると、帰り際に微笑んでくれる。

一方、お湯を出しといて、お茶だと言い張る男の子。「これはお湯でしょ!?」と詰め寄っても絶対に譲らない。

ホタテ、えび、はまぐりの入ったお粥が12元(約250円)肉まんはたった2元(約25円)である。


駅ビルに入っているユニクロ。
値段は日本とそんなに変わらない。

セールのTシャツでも79元(約1007円)
肉まんが40個食べれるではないか!高くないのかなぁ…?


一方デパートのワゴンセールの服。30元(約380円)〜200元(約2550円)は高いのか安いのか!?


マクドナルドは、メニューが全然違う。白黒バーガーみたいなのをめっちゃ売り出していた。ビッグマックのセットは日本の半額程度。


ペットボトルの飲み物は2.5元(約32円くらい)。駅の自動販売機で買うとコンビニで買うのの3倍くらいしてビックリする。
中国の人は「生水や生野菜は体の"気"を冷やして運気を下げる」と言っている。



表向きはとてもキラキラして賑わっているところでも、通っていると、法外な値段をふっかけられたりする。

「写真撮ってあげるからお金くれ。」

「10,000円でお茶を買わないか?お金がなければ銀行まで案内するから。←これ」

一万円。極端な話し、私達は1日働けばすぐ稼げてしまうけど、この物価の中ではかなり法外である。

それを詐欺したりする事で「もう二度と中国になんて行かない!」と思わせる事はちょっと遠回りな気がする。

明日の目の前の生活費になる様なものなら、せめても役立てて欲しいものである

一ヶ月くらい暮らせそうだけど。


市場へ行くと、見た事もない巨大野菜が40円くらいで売っていたり、にわとりや鳩が「素材のまま」売られていたりする。

あきたこまちなどの日本米が、米袋ごとではなく、開封されて量り売りをしていた

お店の人が堂々と居眠りしているのは、もう定番の光景みたいだった。




ありとあらゆる中国茶が集まる天山茶城。

中国の田舎地方の村出身の方からすると、上海は「仕事の街」なのだそうだ。

仕事を求めて、活気のあるこの土地にやってくる。

街のドコに行っても忙しい感じで、空気が悪く、、、『住むなら選ばない』とか。




通りには個人商店がズラッと並んでいる。相変わらず店員は居眠りしているし、放課後の子供は働いている。

空から滴が落ちてくるので、おや?と思って見上げると、洗濯物が突き出して干してある

集合住宅が多く、とても足を踏み入れられなさそうな頑な雰囲気が漂う




ありとあらゆる中国茶が集まる天山茶城。

基本的には卸売り専門ですが、個人にも売買はしてくれる、お茶の総本山

まるで映画のセットみたいな独特の空気。

賑わっているのか、閑散としているのか。

時間になると店員が廊下に出て来て、揃ってラジオ体操みたいなのをしている。お客の姿はチラホラ。


どこを見ても、お茶、お茶、お茶!



その中でも丁寧な対応をしてくれると言う、日本人にもおススメのお店が「茶叶季節」。

フクザツな茶城に中を歩く事30分、ようやく見つける事が出来た。

たくさんのお茶を目の前で淹れてくれ、選ぶ事ができる、ひとつのお茶にも葉っぱのランクがあった。

あまりに丁寧に教えてくれるので、思わずメモをとってしまった。

お店のスタッフは全員女性で、お土産用にと可愛い小売りのラッピングをしていたり、細やかな気遣いが特徴である。



私達は始め、たくさんのテイスティングをしたぶん、どうにも高額な金額をむしり取られるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていた。

だけれど試飲代金は一切掛からず、卸売りらしい「とてもとてもリーズナブル」な値段で購入する事が出来たので、とても安心した。美人店長の笑顔付きだ。

「日本から、大量に買い付けに来て下さる方も居る」と話していたけれど、中国の中にあって、こう言う誠実な商売をしているのだから、とても頷ける気がした。


ものすごいパワーだわ、中国よ。

もしあなたが、小さな事に悩んだら、ここに来るのもいいかも知れない。

日本を飛び出して「世界はここだけじゃない」

って思う以前に、

生き延びる事の大切さを思い出させてくれるから。

     

 ライター 前田 紗希

 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。



Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.

A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.
□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げた日本のインディーズレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。