30代の音楽家カナダ横断に挑戦。北米はどこの街にも【ピアノ】がある、セッション天国って本当?

その街は、坂を下ると海だった。

日に日に色濃くなってゆく紅葉を眺めながら、ベーカーリーカフェでパソコンのキィを打っている。

歩いて3分でビーチにも行かれるし、道を歩いていれば、リスやグースなんかと遭遇する。
癒される海と動物と、そしてカラフルな街並み。

今いる場所は都会ではあるものの、空は高く澄んでいる。



ところどころから日本語が聞こえてくる。

パラレルトランスポートについて話しながら英語でレポートを書いている大学生。
-ごめんそれ分かんない。

あ、父親にソックリな男が紺色のジャケットを着てパンを食べている。
-うちの父はそれは着ないだろうな。


しばらく滞在したニューヨークを出発して、私studio iota 前田サキ(@nagareruiota)は北米横断に出ているところだ。



どの街にもピアノがある

世界一美しいプリンスエドワード島
北米のパリと呼ばれるモントリオール
そこかしこから日本語が聞こえてくる港町バンクーバー

どこの街にもピアノが揺れていた。


公園や展望台やカフェの中に、ふらっとピアノが登場する。

ピアノの脇にはこう書いてある。

「 Public Piano 」
Go ahead! Rock out, practice your scales, host a jam sesh - but please note it's at your own risk.


(訳)「君の音楽をやればいいさ!ジャムセッションのホストになれるよ。けれどそれは君自身の責任でやるんだよ。(ヘタクソって言われる可能性もあるよ)」


音が出ない鍵盤がめっちゃあるし、調律どころじゃないし、概ね壊れてる。

色がカラフルで、
ジャンクで可愛い子。

どこにでもピアノがあるって素晴らしい。



通りがかりの人が、上手くても下手っぴでもみんなで交互にBGMを演奏するんだもの!




実際にピアノがある場所で弾いてみた

プリンスエドワード島 シャーロットタウン


シャーロットタウンは小さいけれども明るく、歴史的にゆかりのある街です。

カナダという国は知っているけれどシャーロットタウンってどこ?と思う人が多いと思います。カナダ最小の州プリンス・エドワード島の、州都がシャーロットタウンです。

プリンスエドワード島人口の 3 分の 1 が住んでいます。



■ピアノのある場所
コンフェデレーション・ランディング(Confederation Landing Park )

■弾いてみた感想
ジャンクで可愛いピアノ。
調律は狂い、弾けない鍵盤も多くありますが、
公園なので、気軽に声を掛けてくれるところが嬉しいところ!セッションもしやすいです!



プリンスエドワード島 ビクトリア

ビクトリアはプリンスエドワード島の南海岸にある漁村です。
1800年代、初期の入植者によって築かれた港町で、1900年代の前半までは貿易港として島の産業を支える重要な役割を果たしました。
現在では島の主要産業である漁業の港というよりも、おしゃれなカフェやレストランもあり素朴な街並みのかわいらしい漁村として観光客が訪れるスポットとなっています。(クロスロードツアーズより抜粋)



■ピアノのある場所
Island Chocolates

■弾いてみた感想
小振りなピアノ。
室内においてあるだけあって、状態はなかなか良好です。
ショップ内でBGMを演奏している気分になる事間違いナシ。静かで優雅な選曲がベター!




ケベック州 モントリオール


第1言語がフランス語とされ、街中の看板や道路標識も全てフランス語表示のモントリオール。

石造りの住宅街、街中にある数多くの教会、石畳の旧市街の街並み。
すごく静かで文化的で、LGBT理解の有数の都市だったり、なのにマフィアが多かったりとハードな部分もあったり。
スーパーにパデ・ド・カンパーニュが売っていたり、チョコレートショップが充実してるあたりはフランス文化圏っぽいですね!



  ■ピアノのある場所
モン・ロワイヤル公園 (Mont Royal Park)



■弾いてみた感想
山の上の展望台でドカンとした佇まいのピアノ。
調律は狂い、弾けない鍵盤も多くあります。
カップルや観光客など人出は多いので、ボリュームのある演奏がおすすめ。
演奏していると写メでバシバシ撮られたりします。
治安はまあまあアレなので気をつけて。





ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー

ジョージア海峡に面して発展した港湾都市バンクーバー
街のすぐ近くに山並みが迫り、近代的なビルの合間に緑の公園が顔をのぞかせるなど、都市と自然を両方楽しむ事が出来ます。
トロント、モントリオールに続くカナダ第3の規模をもつ大都市でありながら、海と山、そして森と、自然を身近に感じられる環境は、「世界で最も住みやすい都市」と呼ばれています。



■ピアノのある場所
ロブソン・トライアル・プラザ (Bute-Robson Trial Plaza)

■弾いてみた感想
Breka Bakery & Cafeというベーカリーカフェの目の前の広場にあるピアノ。
室外に置かれていますが、フタや雨よけカバーがあるのでコンディションは保たれています。
広場なので、気軽に声を掛けてくれるところが嬉しいところ!セッションもしやすいです!




いかがでしたでしょうか?



ところで、この海の対岸は丘なのだろうか?

まばらな夜の光は、思っているよりもずっと少なくて、ポツポツとまばらに上へと駆け上がっていく。

夜の海を照らすものといえば、月だった。




私の知ってる、東京湾とか、相模湾とかのどれとも違っている。


丘を駆け上がっていく、この光の美しさをなんと呼んだらいいのだろう?


明日はまた、次の街へと移動するんだ。

一緒に北米横断をしている旅の相方が待っている。

だから、もう宿に帰ろう。



おまけ


前田サキ キャッキャ!夜って楽しい!

Aromariageなおみ 寝るわよ!明日に響くでしょう?


前田サキ 遊ぼうよ?しりとりとかは?

Aromariageなおみ しないわよ。あたたかくして寝てね。


前田サキ もう寝ちゃうの?つまんなーい。

Aromariageなおみ ねえ、ピアノ弾いておいでよ…。




 ライター 前田 紗希

 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


□■□■□■□■□■

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [studio iota label]


studio iota label
CDの制作・販売、旅のWEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、 動画BGM製作、アーティストや お店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業を行っている。

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi 
 【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/
 【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。