「本牧アートプロジェクト」が、かつての「小さなアメリカ横濱」を盛り上げる!体験型作品『ギブ・ミー・チョコレート!』など、町全体が舞台に。

かつて米軍の接収地であった影響で、米兵たちが持ち込む音楽、ファッション、酒、車…

そこには最新の文化が生まれ、「伝説の本牧通り」と名付けられるほどの繁栄を見せていた本牧ですが、

当時とは比べようもないほど、静かです・・・。



いわゆる鉄道空白地帯で、地域内を走る鉄道はないため、バスが主な交通手段となっています。

まさに陸の孤島です(;´Д`)



そんな横浜市の本牧地区を、アートを通して新たな街の記憶を創り出す

「本牧アートプロジェクト」

が、行われています。




今年も本牧アートプロジェクトが、開催されています!

今回は音楽系に力を入れ、頭脳警察のPANTAライブ、ハマチャチャの藤中一郎、音楽評論家の大貫憲章(DJ)両氏をお招きしたディスコ企画ほか、シネマジャック&ベティの出張上映「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム」、クレイジーケンバンドの「イイネ!イイネ!イイネ!」などなど、本牧らしい内容を用意。

他にも「本牧AIR/間瀬拓人」や、3回目となる「こどもディスコ」など、盛りだくさんのプログラムとなっているようです!
http://honmoku-art.jp/2017/



ゴールデンカップ
本牧アートプロジェクト2017の舞台の一つにもなっている「ゴールデンカップ」という伝説のライブバー。現役50年。

studio iota 前田も、こちらには横浜ジャズプロムナードや、楽器点検や音響のお仕事でずいぶんとお世話になりました。




海が近かった戦前や米軍がいたころ、寂れてきた今など、本牧と聞いて抱くイメージはバラバラ。


戦後から37年間米軍のベースキャンプがあった頃、
そしてベース跡地に大型複合ショッピングセンター「マイカル本牧」が注目を集めた90年代。

海が近かった戦前や米軍がいたころ、寂れてきた今など、本牧と聞いて抱くイメージはバラバラ。

それぞれの『本牧』を持つ人たちから対話が生み出される仕掛けを作りたい」というコンセプトの元、閉館したマイカル本牧の映画館跡を拠点に、演劇やダンスなど観客も参加できるプログラムが上演されており、町全体が舞台になっています



"本牧アートプロジェクト" で検索をすると、
"本牧アートプロジェクト 2015" というワードが出てくるんですね。

なぜでしょう?


実際2016年にも訪れてみると、若干グダグダな印象。

催しがある予定の日に何も行われていなかったりと。



2015年の様子とともに振り返ってみたいと思います。

確かに楽しかったです!


本牧せせらぎ公園に展示される作品、「メリーゴーランドがやってきた!」みつけました。


町の様子はというと、、、至って普通です。あ、みんな通り過ぎちゃう。


本牧せせらぎ公園は、紅葉がきれいですね。


俺様と契約したいのか?い・・いいえ!


お次は本牧山頂公園にのぼってみましょう!(。・ω・。)ゞ


本牧山頂公園は米軍横浜海浜住宅地区が1982年に返還されてできた公園です。昔は将校とか高級技術者の住宅が立ち並んでいた模様です。


主園路はバリアフリーが整備されているようです。


丘からは横浜の海がぐるっと見渡せるほか、富士山を眺められるポイントがあったり、

夜には横浜や磯子の美しい夜景が楽しめるそうです。


山頂公園を降りてすぐの場所、すっかりおとなしくなってしまった本牧エリアの中で光る、
60年代のアメリカンダイナーを再現したハンバーガー屋さん、「ムーンカフェ」があります。

お昼時をとっくにすぎた時間帯に入ってみましたが、とても賑わっていました!


あ、子供たちがっ!!(ノω・、)゚.+。


本牧の中心地から更に徒歩25分、三渓園にほど近い場所に、
築80年の古民家を活用したカフェ&スペース「豆松カフェ」さんがあり、
こちらで『本牧げんかん』という演劇公演がされています。


アートフェスティバル中はカフェ自体の営業はお休みですが、通常は11:00~16:00までの営業ですね。
隠れ家的な古民家カフェというだけで、中々エッジーそうです。


今日のラストは、本牧エリア一帯を対象とした体験型参加型作品『ギブ・ミー・チョコレート!』に移ります。


参加者一人ひとりが自分の足で歩いて体験する町の各所に眠る「秘密の場所」を巡って、チョコレートを受け取って行くというもの。早速行ってみましょう! ※歩きやすい靴でご参加下さい。


チョコレートどこですかー?(ノ゚д゚)ノ


ゼーハーゼーハー。みつからなかった(´・ω・`)朝イチから動いておりますが、冬の短い日の中では回りきれません。


良いところは何と言っても、町歩きも一緒に楽しめること。特に朝から動くと人の流れも見えて、ゆっくりと散策することができるのではないでしょうか。
ビジターセンターが商業ビルの中にあり、地元以外からの来訪者は探すのにもオリエンテーリングのような感じがドキドキです。

少し行きづらいなぁと思うところは、情報が圧倒的に見えにくいところ。知ってる土地にも関わらず参加型の作品のスタートもゴール地点も見えにくいし、日時や時間の変更のチェックがしずらいといころ。

それから、「小さなアメリカ」だった横浜は、まだまだエッジーな人が多い印象ですので。いわゆるアートの祭典のように文化的な気持ちでカメラを持って行くには、少々心構えが必要かも知れません。

帰りに、BankART Studio NYK



買ってみました。




 ライター 前田 紗希


作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。
日々つれづれ自由人。

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]

【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。