【香港リッツ・カールトン】のスイートに泊まるというすごいハプニング


皆さんの旅行の参考になるのだろうか?
こんな出来事もあるのだと思って読んで頂ければ
嬉しいです。


夫の還暦と結婚30周年記念ということで
夫がいろいろ企画を立て、普段は留守番の長男も一緒に
家族4人で香港に行ってきました。


私は、ツアーでのホテルはマンダリンかグレードアップでリッツ・カールトン

の選択を任されました。

せっかくですし、次はそんなに贅沢はできないだろうと思い、
リッツ・カールトンをリクエスト。


我が家は次男が自閉傾向・発達障害であるため、常に旅行では必要と思われる所とは連絡を取ります。

今回もコネコティング・ルームをリクエストして押さえて頂きました。


リッツ・カールトンホテルにチェックインする

「ザ・リッツカールトン香港」は、MTR九龍駅に直結した、118階建て、地上490mの高さの「インターナショナル・コマース・センター」の102~118階部分に位置し、世界一の高さを誇るホテルです。

香港島から見たリッツ・カールトン
102階にフロントがあるとのこと、とは申せエントランス自体は7階。
未だに構造が飲み込めていません。


さて、
チェックイン後、カードキーの発行を上層階のティーラウンジで待ちました。
こちらは24時間利用可能で、時間帯ごとに様々なサービスが用意されています。
ホテル滞在中は使い放題、すべての飲食物はフリーという、贅沢この上ないラウンジです。

「お部屋が片付いていません。」

とのことで私たち、更に待ちます。


↓こんな感じ  因みにこちらランチブッフェにもなりました。



夜も


これがマカロンタワーというものでしょうか?



ここでスイートに泊まるというすごいハプニング

しばらくすると

予定の部屋は前のお客さんが延泊を希望して泊まれず。


1日目の宿泊は、先だっての(次男の)例により希望したコネクトではないお部屋なのですが(隣同士ではあるが)、家族で楽しむ時間は、あと2泊あるので「空いたら移動したい」とお願いし、1泊して待つことにしました。



2日目、空かない!

荷物を大きく開けることができず、少し苛ついてきていたところ、

「大変申し訳ございません」と



「空いているので」と




スイートルームと、隣のコネクトルームに案内していただきました。



絶対自宅より広い!いいのだろうか?と思いつつ

その全容を見て頂きましょう。



デラックス・ビクトリアハーバー・スイートという天空の間の全容

デスクからの風景


その逆 窓側から左奥に大きなクローゼットとバスルームとレストルーム。
そして寝室右側にもお手洗い。


寝室


バスルーム


隣のお部屋


その窓際のベッドで彼は眠るそうです。



ベッドの硬さ、枕の高さ 申し分ありませんでした。
日中の疲れをしっかり取ることができました。

大きな窓は開放感があり、とても気持ちが良かったです。 ただ、高所恐怖症の人は逆に落ち着かないかもしれません。


還暦と結婚30年と伝えたところ

シャンパンをご用意して下さいました。



初日にも別の部屋でこの展開だったのに!



お部屋の先客は↓

九龍の波止場から飛行機に乗って♪
異人さんの私達とともに
日本に来ちゃった
リッツ君とカールトン君(すみません私が勝手に名づけました)でした。



このような体験はもう二度とないでしょう。
とても特別な旅行となりました。リッツ・カールトンの方の対応にとても感謝しております。

でも、このホテルで何泊も延泊する家族とはどんな人たちなのでしょう。

ちょっと見てみたかったです。



□ライター akikan

夫の「定年前後、資金の続く限り交互に遠距離旅行、近距離旅行プラン」に乗っかり、気がついたらけっこう、あちこち出掛けていました。
ミュージカルや映画も好きです。


□■□■□■□■□■
記事構成 studio iota label 前田紗希

【studio iota label】



日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。





流れるイオタ CM "The world is beautiful" フルオーケストラ [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。