【横浜の気になるツリーカフェが閉店】絵本や童話の世界。絶対に大人が楽しめる秘密基地で味わう珈琲はリアルに冒険気分。次なる形態は?



こんにちは、studio iota labelの前田サキ(@maedasaki)です!

子供の頃、誰もが一度は夢見た木の上の秘密基地。

まるでトム・ソーヤの冒険のような気分を味わえるツリーハウスは、実は日本にもたくさん建てられています。


とはいえ・・・
ツリーハウスって架空の存在でしょ?思っていたのは、私だけではないと思うんですよ

ヴィレッジヴァンガードなどに行けばツリーハウス関連の書籍があるのに、どこかフワフワと遠くの国の出来事のように感じていたんですよねー。


そんな架空の存在を、目の前に見せてくれたのが、ツリーハウスの第一人者という小林崇さん
KANAYA BASEというシェアアトリエの廃屋になったフラワーハウスの中に、小林さんのアトリエがありまして、ツリーハウスの材料となる木を見ることができるのはとても刺激的な出来事でした。


木の上の家って!?素敵すぎるわ!!現実にあるんだぁ。

ここ横浜に、ツリーハウスのなかでもひときわ気軽に利用することができる、
「カフェ利用ができる」ツリーハウスがあるといいます!


そこには、リラックスして思い思いに過ごす人、ゆったりとお喋りしながらコーヒーを飲む人、フレンチトーストを頬張る子供。

絵本や童話の世界。まるで秘密基地みたいな空間が広がっていました。



な・ん・だ・こ・れ・は!!

わくわくを胸に、横浜に到着

お目当となるのは「なんじゃもんじゃカフェ」。
最寄駅は、横浜市営地下鉄ブルーラインの三ツ沢下町駅。横浜駅のお隣です。


駅からなんじゃもんじゃの木までは、徒歩で7分ほど。住宅街を歩いて行きます


ゼーハーゼーハー。坂と階段がおおい(´`)=3





車でアクセスの場合は、ここは三ツ沢インターの近くだったわね。

カフェから徒歩10分くらい要してしまいますが、地域最安値の駐車場を発見しました!


お次はツリーカフェのようすを、レポートしていきます!



快適すぎる!絶対に大人が楽しめる秘密基地!

住宅街の階段をのぼって高台に上がると、現れました、木。

ここでひとつ断言します!

この景色を見るだけでも価値があります!


席は店内席、テラス席、屋根裏のロフト席、屋根の上のデッキ席。レトロな木製のテーブルが完備されていて、木の枝や葉っぱはすぐ触れるところにあります。

テラス席からは横浜の景色が展望でき
まるで都心近郊とは思えない自然のギャップに驚くばかりです。



樹の上からの眺め、木と一体になった開放感。

なんじゃもんじゃカフェは、出来て5年。(木はもっと前から生えてた!)  
元からあった木を使ったもので、木は今でも伸び続けているそうです。


雨天の場合は、店内2席+ロフト1席の、計3席で営業。
テラス席は営業できませんもんね。

当たり前のように鳥とかも来ます。木の上でのんびりと過ごしていると、樹と一体になった開放感が味わえるのではないでしょうか♪



心をくすぐる気になる木!

内装はレトロでキッチュ。
ほんわかするのに刺激的です。



ドラマ「シェアハウスの恋人」のロケ地として、一躍有名になった、シェアハウス「バウハウス横浜」(通称:なんじゃもんじゃハウス)の敷地内にあります。
テレビでご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。


コーヒーミルで丁寧に挽いた本格的なコーヒー

自然との一体感ならテラス席。カフェを楽しむなら店内席。秘密基地気分ならロフト席へ!!といった感じでしょうか!
コーヒーの良い香りが店内を漂ってきます〜!!

自然光の当たる最高のロケーションで、ため息が出てしまいます。

ツリーカフェなんて架空の存在とか、ちょっとハードルの高い存在だと思っていたのに、
横浜で味わえるなんて。

なにここ、楽園?


といいつつ、ツリーハウスを身近な存在に近づけてくれたカフェですが、
実は2017年12月30日をもって閉店となってしまいました。

2018年1月のメンテナンス工事後に、別の業態でツリーハウスを活用する予定だそうです。

横浜を訪れて、ツリーハウスに行かないなんて絶対にもったいない。

次なる業態を、楽しみに待ちたいと思います!

みなさまにとって、良い旅となりますように。
Have a nice trip
      
 ライター 前田 紗希

 作曲家/ドラマー、旅と音楽をコンセプトにした音楽レーベル "studio iota label" 代表。
 旅とカメラとが好きな、コンパクト女子。
 ドラムセットに隠れて姿が見えないため"人形劇"と評される。
 やたら一本気な性格で、毎日創ることばかり考えている。



Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げた日本のインディーズレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。