「自分の心と体への自信を取り戻す」7つのこと。飛行機に乗れなかった女子大生が世界一周するまで 【パニック障害からの克服テキスト】。



乗り物のドアが閉まった瞬間の、あの絶望感。


心臓がドキドキしてきて、全身が震えだして。喉はカラカラ。

目が回って、息がうまく吸えなくて、気が狂ってこのまま死んでしまうのではないかしら・・・


パニック障害。


突然、はっきりした理由はまったくないのに、今にも死にそうな感じに襲われるのです。

パニック発作の症状

心臓・呼吸器の症状
  • 心臓がドキドキする(動悸、心拍数の増加)
  • 息切れや息苦しさ
  • 喉に何かつまったような窒息感
胸・おなかの症状
  • 胸の痛みや不快感
  • 吐き気やおなかのあたりの不快感
全身的な症状
  • からだの一部のジンジン、ビリビリとしびれるような感じ
  • 発汗
  • からだの震え
  • 寒気または熱っぽい感じ
感覚の異常
  • めまいやふらつき感、気が遠くなるような感じ
  • 今、起こっていることが現実ではないような感じ、自分が自分でない感じ
    (離人症状)
不安・おそれ
  • コントロールを失う・気が狂ってしまうのではないかという恐れ
  • このまま死んでしまうのではないかという恐れ

辛いですよね。
病院で検査しても「異常なし」っていわれて、
誰にも解ってもらえなくて


こんなに体痛いし死にそうだし狂いそうなのに異常なし?
ちゃんと調べて誰か救ってよ!(・∀・)


動悸が激しいから、どんどん外に出られなくなるのに、

サボってるんじゃないの?
って言われたって、

余計に外に出る手立てがわからなくなる。


人の多い逃げ場がない場所で、
またあの恐ろしい発作に見舞われたらどうしよう・・・(・∀・)



解ります!!!


かつて私もそうでした。



24時間止まらない震えが半年間に渡って休みなく続く(涙)

座れない立てない歩けない眠れない(涙涙)

氷漬けのように体温が低下して、サチュレーションをつけても脈が反応しない。

残りの人生はすべて余生だと思いました。

それによって、メジャーデビューを失いました。学校に行かれなくなり友人を失いました。恋人を失いました。その先に続いていたであろう明るい未来や、音楽の仕事を失いました。


あなたももう、十分頑張ってきたのではないでしょうか?



「この苦しみを分かち合いたい。」
とウェブで一生懸命パニック障害について調べられていることでしょう。

パニック障害になるのって、真面目で、責任感が強く、一人で抱え込もうとする優しいタイプの人が多いんですって。

けれど、そこに書き込まれている苦しみの中にいつまでも浸かっているのも如何なものでしょうか?

なぜかって?


治っていない人の集まり

だからです(・∀・)

どうしたらいいか?
重要なのは、そこからどうやって抜け出すかですよね(ニッコリ)




絶えずストレスと恐怖にさらされる現代人


パニック障害というのは、
誰にでも起こりうることだと思います。
自分を責めたり落ち込んだりすると、ストレスや不安が溜まりパニック障害を発症しやすくなるそうです。

あるあるー(・∀・)
1. パニック障害がある人のほとんどが最初のパニック発作の前数ヶ月の間に特定できるストレッサー(ストレスの要因)があったと報告しています。
失業や離などといった精神的ストレスの場合も含まれる。

2. 「健康を害してる場合」。パニック障害の人は、食事から取り入れている栄養に偏りがあったり、栄養不足である傾向があります。つまり栄養不足で、抱えているストレスの負荷を受け止められなくなっているとき。

突然「空が落ちてくる」ようなそれは、
心臓発作でもない、頭がおかしくなってしまったのでもない。


絶えずストレスにさらされていると体質が変化し、身体がストレス物質を作り出すスピードを上げるからです。



苦手としているものへの反応を慣らしていく練習(暴露療法)という治療があるそうですが、私個人はあまり賛成しておりません。

パニック発作を起こしたことがある人が、実際にはそこになんの危険もないのだよ、と再び同じ状況に放り込まれても、
そこには何の危険もないことなんて、知っています。



失った自信を取り戻すには、自信を失い続けることが答えではないからです。


「自分の心と体への自信を取り戻す」準備をシッカリとすれば、


自分で100パーセント近くコントロールできるようになります。


もうあの苦しみを味あわなくていいんだー!☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!


前置きが長くなってしまいましたが、

私は医者でもセラピストでもありませんので、「乗り物を克服して世界一周に行くまで」というテーマに焦点を当て克服のためにやってみた7つのことを特別にまとめてみたいと思います!


さあ、冒険への始まりです!


「自分の心と体への自信を取り戻す」7つのこと


・呼吸法/リラクゼーションを学ぶ

・自律訓練法  

・食生活を簡単に見直す

・有酸素運動をする

・体をあたためる 

・先のご褒美を小分けにして考える

・一歩一歩自信をつけていく



呼吸法/リラクゼーションを学ぶ

「いちについて、よーい」

はいっ、ちょっと待った!
今からの戦闘体制に合わせて、心拍数は上がり、筋肉はピクピクしています。

この状態が四六時中起こっているのがパニック発作です。
今から駆け出すわけではないあなたの体はリラックスをさせてあげなければなりません。


リラクゼーションは技術ですから、毎日練習する必要があります。


呼吸法は手軽にできてパニック障害の改善にも効果的な方法です♡

コツは「吸うこと」よりも「吐くこと」に意識を向けておこなうこと。

息を吸うときは「交感神経(活動・ストレスモード)」がはたらいて、

息を吐く時は「副交感神経(体の回復・リラックスモード)」がはたらきます

あの恐ろしいパニック発作が起こりそうな時も、人間は息を吐ききれば、自ずと吸うようにできています。




QR(クワイエティング・リフレッシュ) - リラクゼーション

1.動きを止めるかペースを落とす

 (1)椅子に座ってもいい

 2.顔の筋肉の緊張をほぐす

 (1)心の中で微笑む
 (2)笑みが顔に浮かび、目に向かって広がっていくのを想像する(歯を食いしばらず、口を少し開けておく)
 (3)『私の目はキラキラ輝いている』と自分に言い聞かせる

3.深い腹式呼吸をする

 (1)足の裏に大きな穴が開いているとイメージし、その穴から息を大きく吸い込み、それが脚を伝わって昇ってきて、胃に入ってくるのを想像する。
 (2)温かさと「重さ」が上の方にあがってくるのを感じる。

4.ゆっくり息を吐きながら身体をリラックスさせる


 (1)空気が足の裏の穴を通って逆流していき、一緒にすべての緊張を運び去ってしまうことをイメージする。
 (2)同時に、あごと舌と肩をだらんといさせる。


自律訓練法

あのパニックが起こりそうな予感がする状態を「第一の恐怖」だとすると、
実際に起こってしまった状態を「第二の恐怖」と呼びます。

パニックが起こりそうな「第一の恐怖」の時こそ、身体が極度の緊張状態にありますので、「力を抜く」反応ができるようになることが最善の方法です。


訓練で押さえつけられるようになれば、旅行、美容院、結婚式、授業、デパート、レストラン、ライブコンサートの会場、数えきれないくらいの逃げ場がない場所でも、かかってきなされ!という感じになれるわよね。

そこでオススメするリラクゼーション訓練が「自律訓練法」。
方法については、さまざまなサイトでお見かけ致します。アドバイスしてくださる整体師さん等もいらっしゃいますので、どうぞ機会がありましたら正しく触れてみてください。





食生活を簡単に見直す

交感神経が過剰に働いていると、血液の停滞が起こってしまいます。
その最大の原因はストレスに他ならないそうです。

血の巡りが悪くなると人生の巡りも悪くなります。



お食事の改善方法として、

☆食事を規則的に摂る
☆食事内容を果物中心に調整する

などが挙げられますが、

あまり決め事をし過ぎてもストレスになる!!

ですので、私が試したことは、

1.全粒粉を食べる→小麦のパンは止めて全粒粉に変える。

2.お水を一日コップ6〜8杯飲む。

3.カフェインを徹底的に避ける。


これだけです(・∀・)

自律神経専門医に調合してもらった漢方薬なども、ゆっくりですが効果覿面でした。

有酸素運動をする

パニック障害を発症してから、出来なくなったことのひとつが、
乗り物に乗る ということ。
覚えがある方も多いのではないでしょうか?

いや〜不便ですよね。


そこで、「電車やバスに乗らないで移動する方法」を考えまして、

・徒歩

・自転車

という方法をチョイスしたところ、これが、有酸素運動でした



わたしが暮らしているのは都市部ですので、
ターミナル駅までは2km、下北沢までなら8km、渋谷までなら10km、早稲田までなら15kmという距離になりました。

前述のとおり、なかなか重度な状態だったので、最初は100mも歩けませんでしたが、


どんな天候の日でも毎日続ける

と自分と約束して、その通り日に日に距離が伸びていくのは嬉しかったです。
ついにはドラム機材(重たい楽器)を自転車のカゴに入れて走れるようになりました。

毎日続けた積み重ねは絶大な自信になります。

もうあの恐ろしいパニック発作は二度と起こっていません。




体をあたためる 

ここでは、体を温める便利グッズを紹介します!
呼吸をしっかりする。

ということを気をつけていれば、体は温まりますが、
アシストしてくれる温めグッズは、健康にも美容にもいいんですよ〜!


まず、岩盤レッグウォーマー!( ´∀`)
締め付けることなく、ふくらはぎや足首の冷えを足湯のように心地よく温めてくれます。フリーサイズなので男女兼用。LLもあるわよ。しっかりとケアしていれば、女性の方はびっくりするくらい生理痛なんかも軽減されます。


ネックウォーマー!( ´∀`)
自律神経失調症やパニック障害の人って、とにかく首にコリの玉が詰まっています。
だから本当はパニックになりそうな時に軽く首を揉むのがいいと私は思うのですが、これはデリケートな問題なので、まずは首を温めるのはいかがでしょう?
アウトドアメーカーなら、様々な季節に対応した商品がラインナップされています。



お灸!( ´∀`)
むくみ、冷え性、自律神経失調症など様々な症状の回復に。
じんわ〜りとした暖かさで血液の循環が良くなり、気持ちいい!



日本酒風呂に入る( ´∀`)
美容にも健康にもいいといわれている健康風呂。
こちらも、じんわ〜りとした暖かさで血行が促進され、気持ちいい!
女優さんも取り入れているなどで、日本酒風呂用の日本酒も発売されてます。
 



先のご褒美を小分けにして考える

小さな成功体験を重ねること。
失敗のイメージは消し去ることは不可能で、特に意識しなくても、自動的に何度も再生されます。

そこで、失敗イメージを相対的に小さくしてみてはいかがでしょうか。

ポジティブなイメージを習慣化させ、なんでもいいから一日ひとつのいいことを見つけます☆

例えできない日があっても、バイオリズムというものがありますから、むやみに心配せずに「こんな日もあるさ」と思えばいいだけです。




一歩一歩自信をつけていく

秘訣は完全武装し、きちんと準備を整えて状況に乗り込むことです。

家でゴロゴロとテレビを見ながら「今度また飛行機に乗ってみるか〜」などと思っていても、突然乗れるようになるようになる魔法のような日は、そんなふうに来ません。 

ゆっくりと少しずつ実行を積み重ねて、困難なことを成し遂げるたびに、はじめて自信は生まれるのです。

 →心配するのは「心配タイム」だけにする。
すべての心配が心に浮かぶたびに、「心配する時間」を決めておきます。


→思い切っておしゃれをする。
外出が楽しみで仕方なくなるような気持ちのあり方に変わると、どう行動するかも変わってきます。



「できる」という気持ちで前進しながら訓練していった人だけが、階段を一段ずつ上がり、やがて100メートルを9秒で走れるようになるのではないでしょうか。






いかがでしたでしょうか? おわりに。



私は音楽を演奏しています。
パニック発作で倒れたのは、舞台の上でした。

なんてことでしょう。

その日は23歳のバースデーで、
倒れたコンサートの後処理で、運ばれた病院には誰も来ませんでした。


パニック障害から快復したのち、

ステージに立つと、客席の一番後ろの方を見て、なんて遠くまで来たんだろうと驚くことがあります。


ながい、みじめな、四年間。



パニックを起こす不安感に襲われて、演奏前は怖くて逃げ出しそうになったり、実際に泣き出すこともありました。


演奏中には息が止まる思いがして、ラストの曲からのカウントダウンを始めます。

苦しい・・・あと7曲やったら、、あと5曲、、あと2曲!!

そんなときは、


だからどうした?さあみんなの前で盛大に気絶してみようじゃないか!


はいっどうぞ!!!!


するとどうでしょう? 気絶なんてできっこありません。




それから、雨の日も雪の日も自分との約束を守ってウォーキングし続けた日々。


それを、
そっと思い出します。


「舞台に上がった以上は逃れようがないんだ。私にはできるよ!」


「ほら、なかなかいい演奏ができたじゃない」

「いいじゃない、最高に楽しいわ!」

というプラスになる言葉のおまじないを唱えることにしています。

練習をしたり、場数を踏んだ自信だけは自分を裏切らず、
いつしかマイナスの言葉を消し去ってくれます。


そして、目の前のご褒美を✨
楽しいことを思うと、苦しさもどこかへ飛んで行ってしまいますよ!

苦しい・・・あと7曲やったら、、あと5曲、、


おわったら焼肉でも食べて、家に帰って布団の中でゆっくり本を読もう〜っと。


これでOK。



最後までお読み頂きありがとうございました。

これを読んでくださったあなたの身にも、
もう二度とこんなことが起こりませんように!



少しでも参考になりましたら幸いです。

それでは旅先でお会いしましょう!良い旅を〜♪

次回は飛行機に乗れるようになってからスペイン横断に出かけたお話です。

世界一周して作った音楽です。

コチラ]からお求めいただけます。




音楽療法やってます!

 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。日々つれづれ自由人。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.




■インタビュー『灯台もと暮らし
【かぐや姫の胸の内】遠回りが正解になる人生だってある。歌のない音楽「インストゥルメンタル」の魅力をもっと広げたい|studio iota label代表・前田 紗希



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。