【ロンドン・ヒースロー空港で空港泊は可能か!?】野宿で夜明けを待ち続けたお話し。


ロンドンのヒースロー空港に着いたのは夜の11時。


翌日早朝の飛行機に乗るので、 


その日は空港で一夜を明かすことにしました。 



こんにちは、studio iota labalのビビリな冒険家・前田サキ(@nagareruiota)です。

早朝便の安いチケットを買ってしまったあとに、しまった!と思ったことのある、
うっかりさん♪は、いませんか?

おもむろですが、女性一人でヒースロー空港で空港泊(野宿)は可能か!?という体験レポートです。

いきましょう。

さぁ、冒険の始まりだ!!



ヒースロー空港まで、節約派なら地下鉄!

空港と市内は地下鉄ピカデリーラインで繋がっています。 

ロンドンの中心部までオイスターカードを使えば、3.1ポンド。(2017年12月30日/オフピーク時。

乗り換えも無く済み、運賃も安いので、荷物さえ少なければ一番便利な交通手段。

節約派なら、地下鉄! 

ただし古い駅が多いので、重たい荷物を持っていると階段がのぼれず泣きそうになります。


が!!!

街の人が必ず手を差し伸べてくれます♪

バナナの皮も落ちてるよ。

ヒースロー空港のターミナルについて。

ヒースロー空港にはターミナルが5つ。 

ターミナル1.2.3は地下でつながっており、ターミナル4ターミナル5は離れているので、ほかのターミナルとは無料の鉄道かバスを使って行き来することになります。 


特にターミナル4を利用する場合は注意が必要です。


ピカデリーライン西方面行きWestboundは、ヒースロー空港以外にアクスブリッジ(Uxbridge)行きがあります。 

また、ヒースロー空港行きでも、

| ターミナル4へ行く便
| ターミナル5へ行く便


2種類があります。

間違ってターミナル5駅まで乗ってしまうと、ターミナル4駅の手前の Hatton Cross まで戻るか、ヒースロー・エクスプレスでヒースロー・セントラル駅まで乗って、ターミナル4行きの連絡電車を待つこととなり、結構時間がかかることになるので注意が必要です。 

また、イギリスは比較的安全な国ですが、地下鉄内でのスリなどには注意してくださいね。


ヒースロー空港、ターミナル4ゆっくりで夜明けを待つ。

[06:45 発の ローマ行き ]に乗るので、ターミナル4へ。

空港内にはいくつかホテルがあり、ターミナル4には快適な「Hilton London Heathrow Airport」、カプセルホテルスタイルの「YOTELAIR」がありますが、

ターミナル内のホテルはどこも満室なので、一泊するという選択肢は今回はなし。
街に出てホテルを探し早朝タクシーで向かう選択肢も今回は、なし!


空港で夜を明かしながら待つことにしました。




地下鉄ピカデリーラインを降りて、左手に小さなコンビニがあります。
ここで夜食を調達。

日本のコンビニ弁当とは違って、ちっとも美味しくなかったわ★

 第4ターミナルの出発エリアには8軒のレストラン・カフェがあります。

今回は空港泊となるため、全てが空いている時間とはいきませんが、これらのお店の価格はすべて市内水準と同じ。

空港だからと高めの値段設定にはなっていないのは、嬉しいです!

「COSTA COFFEE」は24時間営業です。


ヒースロー空港は24時間営業の空港です。


夜中のヒースロー空港は、閑散としています。

時おり旅行者が通り過ぎるものの、物音も少なく、とても静かです。


この時が初めての空港泊だったため、とってもドキドキしていましたが、

ピリピリと肌を刺すような殺伐とした空気もなく、

寝られそうなベンチを探します。


[快適な空港泊のために用意したもの]
 マクラ、上着。 ※念のためお財布と携帯は鞄の内部にウォレットチェーンで繋ぎました。


また、私の経験ですが、空港や地下鉄内で物品を盗られたことはありませんが、飛行機に預けた荷物から抜かれたことがあります。

特にバックパックを預け入れる際には、貴重品、時計などの金品は入れないようにしてみてください。



ヒルトンホテルの直結口の近くに、そこそこ寝られそうなベンチを発見♡
快適な睡眠には欠かせない条件である、"ブチ抜き型ベンチ"となっています。

バックパックを枕に横になってみますと、

これは快適ではありませんか!!←初の空港泊の感想



ホテルの出入り口の近くで、何かあったら駆け込もう…!という安心感もあり、眠さが勝ってここで就寝。


元気に飛び立ちます!

あぁ…夜明けだ。

起きてからすぐに搭乗手続きできるので、安心。


ところが朝早すぎて、出発の1時間半前では荷物を預けるカウンターが空いていない!!(←朝5時過ぎ)


同じように、やってきた人たちもウロウロ。

そうこうしている間に、あっという間に行列が出来てきました。

マイペースな空港ね。


翌朝の搭乗手続きの締め切り時間は各社で異なります。

常に長距離便利用の人々で混んでいるため、結構並ばされることもありますから、空港泊とはいえ時間に余裕を持ってスケジューリングしてみることをおすすめします。



まとめ

| ヒースロー空港では女子1人でも空港泊は可能。

| 24時間空いてる「COSTA」もあり。

| 地下鉄の場合はターミナルによって降りる駅が違うので注意。

| 心配な方は空港直結のホテルもあります。



みなさまにとって、良い旅となりますように。 Have a nice trip♪



■関連記事

【空港 野宿で検索!】関西国際空港で夜明けを待ち続けたお話し




 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。日々つれづれ自由人。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.




■インタビュー『灯台もと暮らし
【かぐや姫の胸の内】遠回りが正解になる人生だってある。歌のない音楽「インストゥルメンタル」の魅力をもっと広げたい|studio iota label代表・前田 紗希



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。