【胸の奥が熱くなる、魂が震えることを探す紀行とは?】世界は静かに沈黙している。



人間って、思ったより寂しがりなのかも知れない。


SNSをやめて情報を遮断してみた人はいう。

「スマートフォンやパソコンは必要ではなかったことが分かったよ」、と。


そうかな、どうだろう?と考える。

旅の途中の夕暮れの列車の中で、友人と連絡を取ったりすることが好きだ。
少なくとも、私は。



私studio iota labelのビビリな冒険家、前田サキは小心者で、そもそも臆病が顔を擡げて、
どこへも旅に行けなくなる時がある。



それを感じるのはどんな時かというと、


・母親と乗っかってる布団の上とか。

・父親の運転する車の中とか。

・その時のツレが作ってくれる、ご飯の前でとか。

・あるいは幼児という生命の体温を抱えてる時とか。


「そんな世界がありながら、一体どこへ行こうとするのだ?」

とリアルに感じる。



この布団の中が世界の全て。

自立する力が奪われていき、
どこかの土地に行ったら、うまくモノゴトの判断が出来なくなるような気がするのだ。




旅に行く人って、周りから必ず投げかけられた経験がある言葉があると思うの。
「ひとり旅なんてよく行かれるね!?」
って。

きっとあなたも、言われたことあるんじゃないかしら?


チケット買えば行かれるじゃない。

世界はここだけじゃないのよ。

と伝えようとするんだけれど、

この布団の中が世界の全て状態が発動した日には、「ひとり旅なんてよく行かれるね!?」とアドバイスしてくれる人の気持ちが、とてもよく分かっちゃったりするわ。ねえ?


そして多くの場合は、安定の中で、その葛藤すら気付きもしない。






八丈島では携帯がうまく通じなかった。

電波から解放されて良かったことを挙げると、これだけある。

☆コストが抑えられる
 うっかり課金してしまうこともない。

☆電話の暴力から時間を有効に使える。
 一大事の時も昔は携帯なんてなかったはずよ。

☆移動時間をスムーズに。
 SNSを移動中に、むやみに見なくなる。


☆感覚がソリッドになる←ここ重要
 感じたことを刻みつけようとする。


もう一方で不便な点はというと、やはり周りへの説明が必要になる。
それくらい。

電灯、メトロノーム、単語帳、カメラ、音楽プレイヤー、時計がこれ1台に!

というスマホ時代の恩恵は、常に4Gが入ってるかなんて関係ないからね。






ドアを開けて、まだ知らない土地を刻みつける。
我慢する気なんてないわ?

しかし、ふらふらとどこか旅に行く様子のそれを引き金に、「隣にいた人」を、比較的多く失ってきたことがある。


だから安定の中に、もう一度しがみつくようになると、

あぁもういっそのことキャンセルしちゃおうかなぁ。
って、思う。



電波なんて要らない。けれど失うのは寂しい。



そんなとき、ふともう一つの我に返るのは、冒険をしてきた友人たちが、わたしを冒険してきた一人だと認めてくれる言葉だ。


次々と放ってくる活き活きとした言葉。

そこの前に立つの。


次の行き先の情報が見えてくると、
ようやく歩み進められるようになる。


ドアを開けて、思うがままに歩くと、
自分の中の獣が、悦び打ち震えるのを感じる。




---

本当の幸せとは何か?
いわゆる、自分の魂が震えることを探す旅だ。


恋愛も、学問も、スポーツも、冒険も、
本気でぶつかれば、それは煌びやかでも、ロマンチックでもないのかもしれないが、
苦労が大きければ大きいほど、後でそれに比例した大きな喜びが返ってくるものなのだ。



海を泳ぎ様々な人と出会い、ようやく岸辺らしきものに手がつく。
そうやって長い時間を泳ぎ切った後には、
本当によくやったねって、自分を抱きしめてあげたい。


そして、こう言ってみるのだ。

「本当の幸せは、それを誰かと分かち合えたときだわ。」







 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。日々つれづれ自由人。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


■インタビュー『SEKAI LAB TIMES
彼女は何故、どん底から音楽レーベルオーナーになれたのか?〜旅ブログ「イオタビ」誕生から学ぶ、自分の生き方を見つけるヒントとは〜


■インタビュー『灯台もと暮らし

【かぐや姫の胸の内】遠回りが正解になる人生だってある。歌のない音楽「インストゥルメンタル」の魅力をもっと広げたい|studio iota label代表・前田 紗希



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。