【バンコク】シーロムで見つけた美味しいカオソーイ専門店「クイッティアオ シップソーン パンナー」へのアクセス。


3週間かけて、ベトナム北部、ラオスを移動していた。

季節は2月。


にわかにバンコクに寄る気になったのは、味わったことのない寒さに心がしょげたからだった。



冬の東南アジアは、地域によってはシッカリ寒い。

雨季の湿っぽくて蟻の這うベッドの中で、気分を滅入らせた。


ダウンジャケットを着込みながら飛行機のチケットを予約し、ドンムアン空港まで飛ぶと、世界はきらりと37℃に変わった。

ビバ!


サトーンエリアと呼ばれるビジネス街の駅に到着。


小さなソイ(路地)に並んでいるカフェのWiFiを使って地図を睨み付けると、近くの新しいホテルがプロモーション価格を実施している。



1週間ほどお世話になることにした。




場所とアクセス


通りすがりに見つけて入ったカオソーイ(カレーラーメン)屋さんは、


「クイッティアオ シップソーン パンナー(ก๋วยเตี๋ยว 12 ปันนา)」。

一見すると屋台のようでカオソーイ屋さんとわかりずらいが、ランチタイムは行列ができるほどの人気店という


バンコク市内では、カオソーイを食べることができる店が少ないんですって。



シップソーンパンナーの最寄り駅はBTSサラデーン駅、またはチョンノンシー駅。
駅からは歩いて10分ほど。


サラデーン駅方面からだと、バンコク銀行という大きな銀行の前で左折。




シーロム通り ソイ3 看板が目印!




5分ほど歩くと到着する。

小さな路地だが交通量は多めなので、その5分が結構な距離に感じることも。


カオソーイを食す


お店が見えてきた。外観はこんな感じ。




昼時をすぎるとゆったりとしている。

足元に空のペットボトル入れがあるのは、カレーラーメンが辛くて飲むからだろうか。



メニューには英語表記があるので安心!

カオソーイ(並)35B、(大盛り)45B、カノムジーン(並)35B、(大盛り)45B。


カオソーイはココナッツミルクや香辛料の効いたカレースープに、茹でた卵麺と、揚げた卵麺を入れたカレーラーメン。スープの味のイメージはマッサマンカレーで、思ったよりもずっとアッサリしている。

めちゃくちゃウマーッ!!


一杯の量は少ない。
周りを見渡すと、タイ人は2つ注文しているのだろうか。

カオソーイの並。35バーツ(118円) 




滞在している間、私は何度かカオソーイ屋に通った。


チョンノンシー駅方面への路地の夕暮れは、エモーショナルな景色になる。

昼はビジネス街、夜は歓楽街の顔を持つのだ。



宿の隣の部屋からは毎夜、男と男が交わる声が聞こえてくる。 

私なんかがここに居てもいいのだろうか?

それでも、ちっとも孤独にならない。


面白い町、シーロム。




お店の情報

シップソーン パンナー(ก๋วยเตี๋ยว 12 ปันนา)

営業時間:07:00~15:00


定休日:日曜日


住所:Soi Silom 3, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500


電話番号:086-334-1489


お支払いは現金





■関連記事
バンコクの中心的エリア【アソーク】を楽しむ! | おすすめスポットと両替所・大衆食堂ナビ。


 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
周りの人が楽しんでいたり、笑っていたりする時間が好きです 。ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。日々つれづれ自由人。

Founder and representative of studio iota label, a music label based on the concept of cinema, travel and music.
A petite woman who loves cameras and travel.Often considered to be part of puppet shows as she can generally be seen hiding behind drum sets.She has an incredibly focused personality and loves to think constantly about creating something every day.


■インタビュー『SEKAI LAB TIMES
彼女は何故、どん底から音楽レーベルオーナーになれたのか?〜旅ブログ「イオタビ」誕生から学ぶ、自分の生き方を見つけるヒントとは〜


■インタビュー『灯台もと暮らし
【かぐや姫の胸の内】遠回りが正解になる人生だってある。歌のない音楽「インストゥルメンタル」の魅力をもっと広げたい|studio iota label代表・前田 紗希



□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。