宿!クレジットカード!コンセント!キューバに行く前に読みたい「ハバナ」旅行の必須知識【リズム音楽世界旅紀行】



皆さんこんにちは。Groove冒険家のZin "Atrevido" Hitoshiです。

前回の記事「キューバ現地のWIFI必須知識をご紹介!【リズム音楽世界旅紀行】音楽の楽園のインターネット事情。」に引き続き、

今日は、キューバのハバナの「お宿情報」や「クレジットカード」など、身の回りのことについてお話ししたいと思います。


もくじ
◆お宿事情 Casa particular(カーサ パルティクラル)
◆クレジットカード利用の現状と知られざる秘密?!
◆コンセント





お宿事情 Casa particular(カーサ パルティクラル)


キューバはネットで調べてもホテルがほぼなく、あってもホテルナショナルなど超高級ホテルのみ。
お金持ちの方はいいですが、僕は庶民なので、ムリです(笑)
インターネットと同じく、割とハードルが高い部分だと思います。

ではどうしてるかと言うと、キューバは

Casa particular(カーサ パルティクラル 以下CP)

という宿があります。

いわゆる民泊で、政府認定です。
(※一般人の家、例えば友達の家に泊まるとかも法的には禁止されています)

家の外に水色のイカリのようなマークの看板が出ています。


入国してから周りを見渡すとかなりの数のCPがあります。
色々なCPを訪ね歩いてみると、結構値段が違うので、1軒目は短期間の予約で、その後歩いて探すのは良いと思います。ただ1週間程度の滞在なら移動が面倒なので1軒で済ませて良いと思います。

さて、入国審査の時にこの宿の情報が重要になってきます。


これはどの外国でもそうですが、宿泊先が決まっていない、分からないと入国させてくれません(過去に痛い目にあった経験あり)。




でもネットで宿を調べても高級ホテルしか出てこない。


海外旅行慣れしてる友人に聞くと「高級ホテルの名前書いときゃ平気。入国できるから」って雑に言うし!!
確かにそれで入国できた時もありましたが、まぁ心配は心配ですよね。
なので、こちらのサイト,アプリをご紹介します。

Airbnb 

iOS版
Android版








今は使用してる人が増えたのでご存知の方も多いと思いますが、世界中の民泊の予約を取れます。

キューバもご多分に漏れず、いくつかのCPはAirbnbに宿を掲載しています。
僕はここで宿を予約し、無事入国しました。住所,宿泊先の名前,電話番号の控えを忘れずに!

ちなみに正規のCPサイトもあります。
http://www.casaparticular.com/
ですが、見ても僕も全然分かりません(苦笑)
見た感じ電話で予約するっぽいです。ハードル高しっ!
そして値段も書いていない…。



クレジットカード利用の現状と知られざる秘密?!


昨今日本国内でも買い物は現金は使わずクレカ!の時代ですが、キューバはクレカでの買い物は、まず利用出来ません。

僕のオススメは現地ATMでの現金引き出しです。
クレジットカードの海外利用については本当に沢山の方がお書きになっているので、詳しくはそちらで調べた方がいいと思いますが、10年以上に渡る海外渡航経験から言うとATM現金引き出し。これです。

アフリカなどのようにATM自体の存在有無や、引き出しの際の安全度の危険などがない限り、ATMが一番有効です。

ちなみにATMがなさそうな国ではアメリカドルを持っていくのが一般的です(日本円からの両替不可やレートの悪さなどの事情で)。


あとこれも大事です。
クレカは複数枚。持てるだけ持って行きましょう!

1回目のキューバ旅行で1枚しか持っていかず、お金が引き出せなくなって泣きそうになった経験あり…。
大使館に電話するも、お金ないなら帰るしかないですねと一言(汗)
そういえばアフリカに行った時はATMにカードを飲み込まれたな。これも途方にくれました(苦笑)

忘れず複数枚。
出来ればVISAとMASTER CARDなど2ブランドで。
ちなみにJCBは世界中ほぼ不可です。





そしてここからが、知られざる秘密?!


海外でのショッピング利用の場合、手数料が1.6%前後(ブランドによって若干の差あり)上乗せされるんです!
知ってました?!僕はつい先日知って大ショックを受けた所です…。

日本国内での利用では手数料など掛らないのと、海外ショッピング利用をカード支払い明細で見てもレート換算されたものが書いてあるだけですから、この隠れ手数料はベールに包まれているのです!!

今までずっと、カードのポイントも溜まってお得だぜ~ってルンルンで使っていたのに、実はポイント以上に手数料が発生しているなんて…(泣)


それに引き換えATM引き出しは基本分割払い扱いになるとは言え、基本的には早期繰り上げ返済が出来ます。
例えば2週間の旅をして、初日に現金を10万円引き出したら、年率15%として、1月は1.25%、2週間は0.75%前後ですね。断然お得です!

クレジットカードはATMからの現金引き出し専用と思っておくと良いです♪
帰国後早期繰り上げ返済を忘れずに!

(Capitolio 国会議事堂ですね。Havana vieja(旧市街)の真ん中にあります。道に迷ったらここを聞く)


コンセントの形状


キューバのコンセントは日本と同じAタイプが使えます。

電圧は基本110v。ネットで調べると220vの所も多くあると書いてありますが、僕は気にせず使って問題ありませんでした。

(色んな形に対応してるマルチタイプ)

気になる方はネットで調べるか、変圧器を購入していきましょう。
ただ変圧器買って持っていって数日で壊れた人もいるので、費用対効果はどれくらいのものか!?

110vくらいは僕は全然気にしません。むしろスマホが高速充電できるわ~くらいの感覚。
あ、ドライヤーはめっちゃ熱いですね(笑)


昨今の家電はユニバーサル電圧対応(色んな電圧の状況下で使える)のものが多いので、確認してみるといいともいます。

ユニバーサルは本体や電源プラグ部をよく見ると「100-240v」のような記載があると思います。ノートPCやスマホはほぼユニバーサル電圧対応と思います。

ちなみに延長コードを持っていく事を強くオススメします!僕は必須アイテム入りさせてます♪


さて、今日の内容はここまでです。ご理解お楽しみいただけましたか(^^)?

では今日はこの辺で。
Hasta la próxima(また次回)!!

関連のおはなし⇨【リズム音楽世界旅紀行】キューバのお金事情について書いてみました。音楽の楽園は、ひとつの国に通貨がふたつ!





ライター Zin " Atrevido" Hitoshi



神奈川県横須賀市育ち。
ドラマー,パーカショニスト。
2007年より海外への音楽修行の旅を敢行。
ブラックミュージックに傾向し、リズムのルーツを探るべく、アメリカ(ニューヨーク,ニューオリンズ)→ブラジル→ガーナ→ケニア→コンゴ→キューバへ渡航。
リズムの感じ方や考え方捉え方がまるで違う事を実体験。
横須賀市久里浜でRAGドラムスクールを主催。
YAMAHA Popular Music School講師として、14年の講師活動。ドラムプロショップGATEWAYにてキッズスクール講師として10年の指導活動。
2017年に行ったキューバにてカリビアンミュージックの洗礼を受け、2018年よりメキシコへの移住を決意。
国内の仕事をすべて投げ出し(笑)、ラテンミュージックの真髄を極めるべく、いざメキシコへ!

【RAG Drum School】

http://rag-factory.net/drumschool/

【YouTubeチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UCXXMrqnJMoQUrS5E3d4kbeA

【Face book】

https://www.facebook.com/zin.ogawa

【Instagram】

https://www.instagram.com/drumsko_zin/


      



□■□■□■□■□■

【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelでは音源の制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。



流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。