キューバ現地のWiFi必須知識をご紹介!【リズム音楽世界旅紀行】音楽の楽園のインターネット事情。



皆さんこんにちは。Groove冒険家のZin "Atrevido" Hitoshiです。

先日の記事「ハバナ空港から市内まで激安ローカルバスで行けちゃうテク!入国審査から移動手段まで」に引き続き、

今日は、キューバのインターネット事情についてお話したいと思います♪


もくじ

◆インターネット事情
◆ネットカードの購入
◆いざ、ネット広場へ!




インターネット事情


2018年8月時点ではネットは公衆Wi-Fiしかありません。

例えばメールやLINEを確認したいとなったら、公衆Wi-Fiのある所に行かなくてはいけません。


ちなみにSimカードを買って電話やネットを繋げるのはどうかと言うと、答えはNOに近いです。

諸外国では今やその場でSimを500円程度で買ってネットや電話を使うのが主流でとても便利ですが、キューバのSimはなんと40 cuc (4,500円程度)します。

しかもネットはなく電話のみです。1,2週間の旅行では費用対効果ゼロですね(笑)

(決して日本の空港とかで海外用のSimや電話を借りてはいけません。めっちゃ高いです(笑))



電話したい時は宿から。はっきり聞いてませんが、家電の電話代はタダに等しいので、特に額も請求もされず皆普通に貸してくれます。

(街中のネットができる公園。皆思い思いにケータイいじってます)


ネットカードの購入


さて、公衆Wi-Fiの話に戻りますが、ネットを繋ぐためにはネットカードを買います。

「ETECSA」という会社のカードです。それ以外もありそうですが、僕は見た事がありません。

(nautaと書いてありますがETECSAのカードです。nautaは商品名か?)


正規価格は1時間/1cuc。

正規価格で売っているのはETECSA正規販売所。
プレハブ小屋が比較的大きめな公園に設置されていて、そこで販売されています。


確か5時間のカードも売っていたのですが、買ってないので詳細が分かりません。ただ多分ボーナスがあると思います(例えば6時間/5cucとか)。

意外と使うのでボーナスがあるか聞いてから買ってもいいかも知れませんね



なぜならカードを買うのには多少並びます。販売所が少ないからです。

買う時にはカードを何枚かまとめて買うのがいいと思います。



ちなみに街中でもカードが買えます。

が、正規販売所ではなく委託販売所だったりするので、1時間/2cucとかします。

なるべく正規販売所でまとめて手に入れたいですね。


いざ、ネット広場へ!


ではネットカードを手にして、いざ、公衆Wi-Fiを繋ぎに行きましょう!


さぁ!公園へGo!!


公衆Wi-Fiとは言ったもので、本当に公衆、
しかも比較的大きめな公園,広場に設置されています。

場所は例によって人に聞く。宿の人に聞くのが一番近い場所を知ってますね。


それか、もっと簡単な方法がひとつ。

人がワンサカ溜まって携帯イジってる場所、そこがWi-Fiスポットです(笑)


まるでPokemon GO(笑)!!

同じ公園内でも電波の入りが全然違うので、携帯の電波本数を頼りに入りの良い場所を探しましょう。まさにPokemon GOでモンスターをGetする感覚で(笑)


電波の入りが良いのを確認できたら、ついにネットを繋ぎます。
ネットカードの裏面にある、数字
・ログインコード (USUARIO LOGIN)
・パスワード (CLAVE PASSWORD)
を打ち込んでいきます。

(先ほどのカードの裏面。ログインコードとパスワードがあります。ETECSAってちゃんと書いてある)

この時ケータイに数字をブックマークしておくと便利です。繋ぐ度に何度も入れ直す事になるので。


ちなみにパスワードはガリガリと銀幕を削る一般的なタイプなのですが、かなり!デリケートです(笑)

雑に削ってたらみごと!数字ごと消えました(笑)

返品交換は受け付けてくれませんので、お気をつけを!!




繋がると分数が現れカウントダウンが始まります。

その間ネットが楽しめる訳ですね。


次に、終える時ですが、普通にWi-FiをOFFにして下さい。

以上なのですが、多分、僕の見立てでは切った後も数分接続状態になっているみたいです。
2分しか使ってないつもりなのに5分消費されていたり。

体感では40〜45分の使用で1時間使い切ってます。

それはそういうシステムだと思って受け入れるしかありませんね。

それもあって何枚かまとめ買いがおすすめです。


(ネット広場で会ったゴミ拾いのおじさん。帽子くれくれってうるさかったけど、いい人でした(笑))


さて、今日の内容はここまでです。ご理解お楽しみいただけましたか(^^)?

次回はHavanaの「お宿情報」や「クレジットカード」など、身の回りのことについてお話ししたいと思います。


では今日はこの辺で。
Hasta la próxima(また次回)!!


関連のおはなし⇨【リズム音楽世界旅紀行】キューバのお金事情について書いてみました。音楽の楽園は、ひとつの国に通貨がふたつ!





ライター Zin " Atrevido" Hitoshi



神奈川県横須賀市育ち。
ドラマー,パーカショニスト。
2007年より海外への音楽修行の旅を敢行。
ブラックミュージックに傾向し、リズムのルーツを探るべく、アメリカ(ニューヨーク,ニューオリンズ)→ブラジル→ガーナ→ケニア→コンゴ→キューバへ渡航。
リズムの感じ方や考え方捉え方がまるで違う事を実体験。
横須賀市久里浜でRAGドラムスクールを主催。
YAMAHA Popular Music School講師として、14年の講師活動。ドラムプロショップGATEWAYにてキッズスクール講師として10年の指導活動。
2017年に行ったキューバにてカリビアンミュージックの洗礼を受け、2018年よりメキシコへの移住を決意。
国内の仕事をすべて投げ出し(笑)、ラテンミュージックの真髄を極めるべく、いざメキシコへ!

【RAG Drum School】

http://rag-factory.net/drumschool/

【YouTubeチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UCXXMrqnJMoQUrS5E3d4kbeA

【Face book】

https://www.facebook.com/zin.ogawa

【Instagram】

https://www.instagram.com/drumsko_zin/


      



□■□■□■□■□■

【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelでは音源の制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。



流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]


【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。