【アポロシアター】観客の拍手がアメリカン・ドリームか退場か!ニューヨークの「アマチュアナイト」の歩き方。



真夏の夕暮れ。125丁目駅。
ニューヨークの旅は、いろいろなものを見すぎて、好きが溢れて参った。

現地のミュージシャンがツアーに出ているあいだに、部屋を間借りしていたおかげで、
音楽にまつわる「旅のハイライト」はいくつもあるのだけれど。


アポロシアターというのは、子供の頃から名前を知っていたポピュラー音楽の奇跡の地。
「ハーレム」と呼ばれる地区の真っ只中に位置する。

駅に近い場所なのに、空気がガラリと変わって、外には常にパトカーが待機。

観光客が行き交う表通りの喧噪を横切ると、「Apollo」と書かれている看板を見つける。


"劇場"といえば思わずディズニーシーの断片が脳裏によみがえってくる中で、開場を待つ列は既に並んでいた。

(実際にはディズニーシーの「ビッグバンドビート」のブロードウェイミュージックシアターのモデルは、タイムズスクエア/42丁目駅のニューアムステルダム劇場だと言われている。)



アポロシアターってなに?

 アポロシアターは、多くの伝説のアーティストや歌手が誕生しており、マイケル・ジャクソンが所属していたジャクソン5や、スティーヴィー・ワンダーもここアポロシアターからデビューした。

そのほかにも、数々の有名アーティスト誕生のきっかけを生みだし、アフリカ系アメリカ人(黒人)文化の象徴的な存在である劇場として、アメリカ合衆国国家歴史登録財の認定を受けている。


多くの伝説のデビューのキッカケとなったのは、「Amature Night(アマチュアナイト)」と呼ばれるショーである。



プロへの登竜門といわれ、どんなスターが輩出されてきたか調べてみると……!(Wikipedia)

エラ・フィッツジェラルド Ella Fitzgerald

ビリー・ホリデイ Billie Holiday
ジェームス・ブラウン James Brown
ダイアナ・ロス Diana Ross
マーヴィン・ゲイ Marvin Gaye
ジャクソン5 The Jackson 5
スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder
アレサ・フランクリン Aretha Franklin
ベン・E・キング Ben E. King
ローリン・ヒル Lauryn Hill
サラ・ヴォーン Sarah Vaughan
など。

どれだけ「奇跡の地」なのか、震える感覚に包まれる。




Amature Night(アマチュアナイト)は、毎週水曜日に行われている。 


順位は観客の拍手の大きさで決定される。

反対にパフォーマンスがイマイチと思った場合は「BOO!!」とブーイングが寄せられ、途中で退場となるのが特徴だ。
というか半分くらいブーイングするのを楽しみに来ているし、私もそれが見たかった(笑)

厳しいけれど、まさしく「エンターテインメント」そのもの。


つまりは応援してくれる存在の母数も、キーの一つとなる。

アメリカンドリームを夢見た熱い戦いに、この街に音楽の修行に来ている日本人のアーティストが出演することになって(しかも2人!)、

仲間たちと連れ立って、観劇に行くことになった。




チケットの買い方は?


アポロシアターのホームページから事前に購入するか、窓口で直接購入することができる。

私たちは当日、直接窓口で購入。
手数料の必要がないので安くつくうえ、学割やシニア割引がある。(要ID)

1階 オーケストラ席:36ドル
2階 ローワー・メザニン席:30ドル
3階 アッパー・メザニン席:24ドル (2019年1月現在 公式サイトにて)


列に並んでいるお客さんに向け、出演者が「私を応援してください!」と声かけして回っている。



アポロ・シアターのアマチュアナイトに出るには?


アポロシアターのアマチュアナイトにはオーディションで選ばれた人だけが出演できる。

オーディション日時は、アポロ・シアターの公式サイトに公開されていて、劇場にもオーディション日時を書いた紙が貼ってある。

現地コネクションのある師匠に付いているとアレだそうだが、そのあたりは詳しく聞いてはいけない。

オーディション


アマチュア・ナイト


上位入賞者は1ヶ月に1度行われる「ショーオフ」に出場することができ、さらに勝ち続けると3か月に1度の「トップ・ドッグ」、それをさらに勝ち抜けば、年間チャンピオンを決める大会「スーパー・トップ・ドッグ」へ出場することができる。




いざパフォーマンスがスタート!

いよいよ開演。
有名なコメディアンが司会役を務め、観客を笑わせる。

まずキッズ部門にあたる「Stars of Tomorrow」(5歳~15歳)。
ブーイングなしね」という御達しがあるらしい。

休憩時間にはDJが場を盛り上げ、オーケストラ席がダンスフロアになっている!




そして大人の部のコンテストが始まった。

ここからはブーイングOK。
日本人は困惑する感があるかも知れないが、せめて思いっきり拍手は送りたい!!

ステージ横には「Tree of Hope(希望の木)」という切り株が置いてあって、出演者はパフォーマンスをする前に成功を祈り、手で木をスリスリ撫でる♪

出演した友人に「あれはどういう意味があるの」と尋ねると「わかんない」と言っていた…!

なんでも、アポロシアターの精霊が宿っていて、この木に触ってステージに上がることもショーの一環なのだとか。



パフォーマンス(5人くらい)が一通り終わったところで、
全出演者は舞台に並び、一人ずつ前に出てきて、自分が一番良いと思った候補者の時に観客が思いっきり拍手と歓声を送る。
その大きさをデシベルで測定し、ビジュアルメーターで表示。

グイーンとメーターが上がり、
一番大きな声援を獲得したものが優勝する!


もし、応援してたアーティストが落選しても、アマチュアナイトのアプリがあり、ショーの後でも投票出来るセカンドチャンスがある。



帰りは遅い時間となるので、人の流れに沿ってメインロードを歩くなどを気をつけながら、帰宅したい。

地下鉄は24時間運行。

諸事情で閉鎖されることや、乗っている間にLocal(普通)が突然Express(急行)に変わったり、ドキワクの罠が頻繁にあるので、その場合は注意してアナウンスを聞きつつ、違う路線に切り替えるかバスで帰宅する。

クイーンズ郊外までのバスを待っていると、「どこまで帰るんだい?OKここで合ってるよ。」と、ニューヨーカーのおじちゃんが優しく声をかけてくれる。

異国の地で帰り道が分からなくなるなんて、とんでもなく心細いはずなのに。
深夜のマンハッタンを歩く足取りは軽く弾んでいる。

特別な街、奇跡の地。

自分の本当にやりたい夢があったら、誰かの拍手にチャンスを委ねてみるのもいいかも知れない。

そういえばマイケル・ジャクソンも、幸運の切り株をさすったそうだ。


名称 : アポロ・シアター
名称 : (英語) Apolo Theater
住所 : 253 West 125th Street, New York, NY U.S.A. 10027
開場時間 : 7:30 PM
チケット料 : 24〜36ドル
開催日時など : https://www.apollotheater.org/

最新情報はリンク先をご確認ください。こちらは私個人が体験したことなので、あくまで参考ということでお願いします。


みなさまにとって、良い旅となりますように。

Have a nice trip♪



 ライター 前田 紗希

作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
ひとつひとつ恩返しをしながら、小さな幸せを探して、風のように居たいです。
日々つれづれ自由人。

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer [旅に似合う音楽]

【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
Share on Google Plus

About イオタビ studio iota label

【イオタビ】は、ガイドブックには載ってない観光ガイド! 日常に転がるちょっと不思議な「知ってる?」を価値のあるのものに。